Customer-centric OSS

顧客体験は、各種電気通信サービス プロバイダーの主な差別化要素となっていますが、ここには新たなビジネス上の課題も発生しているため、BSSやOSSソリューションに対する要件が増えています。

この観点でOSSを見直すとは、ネットワーク リソースから顧客体験に視点を切り替えることを意味します。このようなプロジェクトに包括的に対応するには、すべてのネットワーク管理プロセスを総合的に検討する必要があります。

輻輳管理/ネットワークのアップグレード

コストがかかるネットワーク アップグレードを行う究極の目的は、エンドユーザーに優れたサービスを提供することです。ネットワークの輻輳問題を改善する場合、純粋な技術パラメーターに加え、お客様のネットワーク パフォーマンスに対する見解も測定の上、考慮すべき極めて重要な要素です。このプロセスには、ネットワーク管理の高度な自動化が必要とされます。そのためには、お客様の要望に基づき、インフラ トランスフォーメーションの予算の範囲内で迅速にネットワーク開発戦略を実施しなければなりません。

サービス品質管理/保証プロセス

サービス品質は、単純に技術KPIだけを基準にするのではなく、お客様の視点からもネットワークを検討する必要があります。そのためには、サービス プロバイダーが各種技術パラメーターと顧客体験への影響の関係性を簡単に確認できなければなりません。それにより、CSPは積極的なネットワーク管理を実現し、お客様クレーム数を削減できるようになります。この戦略の要は、ネットワーク中心の不具合管理とパフォーマンス管理システムから、顧客中心型のサービス保証とサービス品質管理システムへと切り替えることです。

サービス フルフィルメント

お客様は、革新的で驚くべきサービスが迅速に導入されることを期待しています。OSSシステムは、製品やサービス カタログ先導型のフルフィルメント プロセスでサービスの革新性を強化できるプラットフォームでなければなりません。革新的サービスの戦略のためには、OTT企業に対するCSPの立ち位置を再度定義することも必要です。これには、OSSを電気通信事業者がこうした企業と競争/協働できるプラットフォームへと変化させる必要があります。

OSSのポートフォリオ

Proposed OSS Architecture

関連製品:

ケース スタディ

「Comarchは、現代的かつ革新的なOSSポートフォリオで、これまでに何度もVodafoneと強力で信頼できるビジネス提携を行ってきました。品質の高い商用オフザシェルフ(COTS)製品に加え、スケジュールや予算に合わせてソリューションを導入できる非の打ち所がないサービスにより、実装中や実装後に発生したビジネス要件にも迅速に対応してくれます。Comarchは、商品化までの時間、製品品質、顧客の信頼獲得、スピード、価値、イノベーションなど、すべての条件を必ず満たしてくれるパートナーです。」 

Vodafone

中央ヨーロッパ担当OSSディレクター

シェーン・ガフニー (Shane Gaffney)

ケース スタディをダウンロード >>

関連資料

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。