BSS Mediation

Comarch BSS Mediationは、100%拡張可能なデータ収集・処理・配信システムです。あらゆる種類のサービスに対応し、有料サービスのデータ (通話データ履歴、イベント データ履歴など) をあらゆる課金システムに送ります。フィード検証、ファイル名確認、データ フィルタリング、データ強化、データ重複削除、データ相関などの豊富な機能が搭載され、あらゆる厳密な要件に従って、無限のデータ処理シナリオに対応します。ビジネス ロジック インタープリタを追加すれば、さらに高度なカスタム処理を実現することも可能です。

Comarch BSS Mediationは、多数のデータ収集およびデータ配信アダプタを備え、エクスチェンジ、請求ゲートウェイ、GSNノード、データベースなどのデータ ソースを含め、どのような電気通信業のインフラストラクチャでも簡単に統合できます。各種ノースバウンド インターフェースが、他のシステムも含めて (包括型)、オンデマンドでデータを処理するシステム動作をサポートします。Comarch Active Mediationの機能を介して、このネットワークを課金システムに連結し、リアルタイムの請求インターフェースを使って、課金システムから、音声、データ、コンテンツ サービスに対する課金や請求を管理できるようにします。どのようなネットワーク タイプでも連結可能です。

Comarch BSS Mediationの機能

ビジネス ロジックを調節し、素早く適応

データ プロセッサに搭載のビジネス ロジック調節機能や最先端の専門的システムが、ビジネス モデルの進化に伴い、シームレスにソリューションを適応させます。

依存性のないデータ形式

レコード欄の追加や削除などの変化に影響されにくいニュートラルなデータ形式でメディエーションを行います。

高いカスタマイズ性で拡張可能

ウィザード、テンプレート、既定の設定を使って構築されたユーザー定義に基づき、ビジネス シナリオを実現します。

優れたパフォーマンスを実現

Comarch BSS Mediationシステムは、増加するビジネス需要に応じて簡単に拡張でき、効率的に大量データの処理をサポートします。

迅速な導入

一連のテンプレート、課金機能、モジュールを利用することで、迅速にビリング メディエーション (課金仲介) ソリューションを導入できます。

機能の収束と増加

Comarchが提供するメディエーション補助製品をベースとして、電気通信事業向けのビリング メディエーション ソリューションにサービス プロビジョニングとOSSメディエーションを追加できます。

継続的な完全管理

一元的な視覚的ユーザー インターフェースを介して、システムの状態やパフォーマンスを完全に管理することができます。このインターフェースから、処理データの詳しい追跡や請求データのマニュアル修正を行うこともできます。

メディエーションの実施

積極的なメディエーション機能が、音声、データ、コンテンツ サービスに対する請求や課金をリアルタイムで管理します。このソリューションは3GPP規格に適合しており、その他数多くの業界規格インターフェースにも対応できます。

本製品が使われているソリューションの例:

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。