Fault Management

お客様は新しいデジタル サービスを貪欲に求め、その品質が最高のものであることを期待しています。Comarch Fault Managementは、複数のテクノロジーやベンダーが混在する収束型のネットワークを監視して、問題を迅速に検知の上、それらに対応し、ネットワーク不具合や顧客サービスへの影響を抑えられるようにサポートします。これは、先を見据えた顧客体験管理の基本です。

競合他社の不具合管理システムとは異なり、Comarchの不具合管理システムはその上位プラットフォームの一部であるComarch NG Service Assuranceと統合可能です。共通のソフトウェア プラットフォームを利用しているサービス モニタリング モジュールやサービス品質管理モジュールと共通の「ルック&フィール」で、真の「一元化」を実現します。Comarchのプラットフォームが、貴社のネットワークやサービス オペレーション センターのパフォーマンスを向上させます。

メリット

顧客体験の向上

Comarch Fault Managementは、包括的なComarch Assuranceプラットフォームの入口にあたるソリューションです。顧客サービス内のインシデント発生を積極的に防止し、ネットワーク問題が表面化する前に解消します。

運営費の削減

各種ソース (環境管理システム/ネットワーク管理システム、ネットワーク トポロジー、パフォーマンス管理システム、顧客体験システム、データ アナリティクスなど) から取得した情報を基に、高度な相関ルールに基づき一元管理された統一のアクションをトリガーし、オペレーターがマニュアル処理しなければならないアラーム数を90%削減します。

柔軟なSON/SDN対応

TMF TIP RAM規格に従い、Comarch OSS Mediationレイヤーを介して、複数のテクノロジーやベンダーが混在する収束型のネットワークやITインフラからのアラームを迅速に収集および集約します。

スムーズなアラーム処理

搭載されるフィルターや不具合管理ルールを利用し、自動的にアラームを抑制、遅延、分類、集計します。ネットワーク要素から読み取ったデータを基に、アラームの正規化と強化を行い、停止や変更活動との照合を実施、そして障害票を迅速に作成します。

主な機能

一元的管理

一元管理のアプローチにより、インシデント管理プロセスを向上させ、地理および組織的に複雑なネットワークの平均修復時間を大幅に削減します。

3段階の相関

3段階の相関で、自動化を90%実現させるだけでなく、オペレーター特有の貴重な知識も維持されるようにサポートします。

トポロジカル相関エンジン

Comarch Network Inventoryには、トポロジカル相関エンジンが統合されています。

豊富なアダプタを搭載

豊富なアダプタが提供されているため、各種ソースから効率的にアラームを収集および集約できます。

業界基準への遵守

TMF TIP RAMなどの業界基準に適合しています。

統合型保証に統合

統合型保証ポートフォリオの一部であるため、Comarch Performance Management、Comarch Service Quality Management、またはComarch Customer Experience Managementによって簡単に強化できます。

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

"The introduction of Comarch OSS Suite was a giant step forward in optimizing operations thanks to integrating the management of our transmission technologies into one homogeneous platform." 

Gűnter Kaufmann, Manager Operations Support Systems at Telefónica Deutschland

ケース スタディをダウンロード >>

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。