InterPartner Billing

Comarch InterPartner Billingは、サービスやコンテンツ プロバイダーがパートナーと請求データやインボイスを交換したり、収益やコスト情報を共有できるようにサポートします。また、国内外のビジネス パートナーとの関係管理を促し、レベニュー シェア、卸売り、ローミング サービスなど、各種ビジネス モデルに対応します。Comarchのプラットフォームは簡単に拡張でき、現代の最新サービスや進化するビジネスにも対応します。

Comarch InterPartner Billingは、双務、ハブ、レベニュー シェア、ローミング、MVNO、コンテンツ ベースなど、あらゆる契約の範囲内で各種サービス(音声、データ、メッセージ送信、コンテンツなど)の大量データを処理できます。パートナー管理機能がパートナーやサプライヤーとの提携関係管理をサポートし、提携で必要とされる作業の大部分を自動化します。

メリット

多元的な収束を実現

音声、データ、メッセージ送信、コンテンツ サービスなどの処理に、イベントに囚われないソリューションを使用します。

すべての管理を1つのプラットフォームに集約

あらゆるビジネス モデル(相互接続、ローミング、レベニュー シェア、卸売り)や契約タイプ(双務、ハブ、レベニュー シェア、ローミング、MVNO、コンテンツ ベース)の管理を1つのプラットフォームに集約させます。

請求管理の標準化

Comarch InterPartnerのGUIから管理できる規定の調整プロセスや、強力な再評価機能を利用して、修正や自動調節処理を行います。

業務プロセスの自動化

複数の中心機能(契約管理、ワークフロー処理、サービス制約対応(BSA、LLU、WLR)、紛争管理、注文処理、SLA監査、管理された通信チャンネル)を備えた強力なパートナー管理モジュールを完全維持します。

柔軟かつ強力な処理ツールを使用

このシステムは、拡張性やカスタマイズ性に非常に優れ、データを無制限に処理できます。柔軟でカスタマイズ可能な評価ルールや集計レベルで、新サービスを簡単に設定できます。

ケース スタディ

 

「Comarchは、ニーズに対する積極的なアプローチと優れたソリューションという2つの大きな力を与えてくれました。」 

 

Netia SAプロジェクト マネージャー 

ロバート・キップクザック(Robert Kipczak)

ケース スタディをダウンロード >>

関連資料

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。