Network Auto-discovery and Reconciliation

Comarch Auto-discovery & Reconciliationは、複数のベンダーやドメインが混在するネットワークについて、完全かつ総合的な最新データを提供し、効果的なネットワーク管理をサポートします。

このシステムは、RAN、トランスポート、コア、アクセス、ITの分野を調和します。Network Inventoryを統合しているため、ネットワークの現状について、一貫性のある総合的なデータを提供することができます。

メリット:

共通のシステムで総合的な最新のネットワーク ビューを実現

Comarch Mediation Layerを利用し、複数のベンダーやドメインが混在するネットワークの最新状態を表示します。

自動化

インベントリ データと実際のネットワーク間の不一致を発見し、それを解消するプロセスを自動化します。不一致解消ルールを定義できるため、単純なネットワーク更新作業では不十分な複雑なシナリオに対応できます。

商品化までの時間を短縮

ネットワークからほぼ瞬時に設定の更新に関するフィードバックが提供されるため、ネットワークのアップグレードや最適化の時間が短縮されます。柔軟なネットワーク モデリング メカニズムと設定テンプレートで、将来的なネットワーク テクノロジーの拡張性を保証します。

プロビジョニング作業の簡素化

Comarch OSS Process Managementを統合しているため、人的な判断を必要とするマニュアル作業が含まれるプロセスにも対応できます。

顧客体験の向上

Comarch NGNPを統合する際、プロセス(プラン、アップグレード、検証、再プラン)を閉ループ化するため、ネットワーク ベースのサービスに優れた顧客体験を提供するための時間を短縮できます。

包括的な設定管理(SONの統合)

Smart Plans Managementは、マニュアルで作成したプランとSONが自動生成したプランの間でポリシー管理を行います。このシステムは、プラン間で発見された矛盾を自動的に特定して解消するため、ネットワーク プロビジョニング プロセス内のエラーがなくなります。調整メカニズムにより、ネットワーク内のマニュアル変更やSONの自動変更に、スマートなプラン承認を実現します。

コスト削減

Comarch OSS Suite内の将来性のあるシステム、アーキテクチャ、統合のお陰で、このモジュールも複数の旧システムを廃止して共通のOSSに変換するという包括的なOSSの概念を支えるものとして、コスト削減に貢献します。

この製品は、OMCやネットワーク要素から直接データをフェッチできるComarch OSS Mediationを統合しているため、業界で使用される幅広い種類の標準認証インターフェースとの互換性があります。

この製品には、Comarch Network InventoryやComarch Configuration Managementが統合されています。

 

 

Comarch Configuration Management

主に、以下のモジュールで構成されています。

Reconciliation Cycles

この機能は、接続されているすべてのドメイン調整サイクルを管理し、進行中や終了した作業に関するレポートを作成、またサイクル中に発生した警告やエラーを表示します。ビジネス ルールが搭載されているため、運営部門はネットワークのプラニングや設定に基づくデータをいつでも利用することができます。

Discrepancy Handling

この機能はNetwork Inventoryに保管されているネットワークの現状データを前回のサイクルで調節されたネットワーク状態と比較します。インタラクティブな画面に不正な不一致が表示され、それを調節することができます。

Plans Acceptance

この機能はNetwork Inventoryに保存されているネットワーク プランを前回のサイクルで調節されたネットワーク状態と比較します。インタラクティブなプラン承認画面で発見された不一致を調節することができます。自動承認ルールを設定することも可能です。

本製品が使われているソリューションの例:

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。