Network Configuration Management

Comarch Configuration Managementは、RAN、転送、コア、アクセスなど、ネットワークのすべての部分について、ネットワークプロビジョニングの自動化に対応します。Inventory Planning & Designを完全に統合しているため、プラニングと設定を閉ループ化し、フルフィルメントプロセス全体を完全に自動化します。調整機能により、実際のネットワークから取得した最新の正確なデータに基づいてネットワーク設定が行われるように確保します。

Comarch Configuration Managementは、主に以下のモジュールで構成されています。

Smart Plans Management

この機能は、特定の統合日にプラン間の依存性が発見されるようにします。依存性は、マニュアル設定した「エンジニアリング」プランやSONツールで自動生成されたプランから発生する可能性があります。Smart Plans Managementは、統合作業中にコストに大きな影響を与え得る依存性や不具合を軽減させるためのポリシー管理メカニズムです。

Consistency Checks

この機能には、ベンダーやテクノロジー特有の検証ルールが既定されています。顧客特有のビジネス ルールを指定することも可能です。

Automated Load Files Generation

この機能は、ベンダー特有の構文で負荷ファイルを生成します。生成されたファイルは、標準の3GPPインターフェースを介して自動的にネットワークに適用できます。

Comarch Configuration Managementには、ネットワークの現状を自動的に読み取るAutodiscovery & Reconciliationモジュールが完全に統合されています。プランの自動承認に対応したメカニズムが搭載されているため、入力ポイントでNetwork Inventoryデータを毎日最新の状態に更新し、効率的でスムーズなプラニングと設定管理を確保します。

この製品は、ネットワークのプラニングとアップグレードのための広範囲対応ソリューションであるComarch NG Network Planningの一部として導入できます。

 

メリット

複数のベンダーとドメインが混在する設定プラットフォームを統合

Comarch OSS Mediationが統合され、複数のベンダーとドメインが混在するネットワークの設定管理に対応します。モバイルと固定の共通システムとして、両ネットワークの設定を管理できるため、固定とモバイルを効率的に収束化し、アーキテクチャ内の技術のサイロ化を解消します。

プロビジョニング プロセスの簡素化

Comarch Network Inventoryを統合しているため、ネットワーク エンジニアリング ベンダー特有のネットワーク設定管理の煩雑性を感じさせません。高度なネットワーク プラニングをベンダー特有の設定に自動変換するため、設定管理プロセスにおけるエンドツーエンドのプラニング時間を短縮することができます。

顧客体験の向上

Comarch NGNPを統合する際、プロセス(プラン、アップグレード、検証、再プラン)を閉ループ化するため、ネットワーク ベースのサービスに優れた顧客体験を提供するための時間を短縮することができます。

商品化までの時間を短縮

柔軟なネットワーク モデリング メカニズムと設定テンプレートにより、将来的なネットワーク テクノロジーの拡張性を保証します。

包括的な設定管理-SONの統合

Smart Plans Managementは、マニュアル生成したプランとSONが自動生成したプランの間でポリシー管理を行います。このシステムは、複数のプラン間の矛盾を自動的に発見して解消するため、ネットワーク プロビジョニング プロセス内にエラーがなくなります。調整メカニズムにより、ネットワーク内のマニュアル変更プランとSONの自動変更プランをスマートに承認することができます。

コスト削減

Comarch OSS Suite内の将来性のあるシステム、アーキテクチャ、統合により、このモジュールも複数の旧システムを廃止して共通のOSSに変換するという包括的なOSSの概念を支えるものとして、コスト削減に貢献します。

本製品が使われているソリューションの例:

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。