Network Inventory Management

Comarch Network Inventory Managementは、物理、ロジカル、および仮想ネットワークのリソースについて、完全な情報を保存します。最先端のマイクロ サービス テクノロジーを基盤とした非常に複雑なIT/電気通信環境のデータがすべて保存される一元化された共通のインベントリです。

 

Telecom Network Inventoryは、複数のベンダーやドメインが混在するネットワークのネットワーク リソース管理をサポートします。RAN、転送、コア、固定ネットワーク ドメイン、ITインフラ、およびデータセンターインベントリのSDN/NFV関連作業を管理し、新テクノロジーの導入に対応します。

Telecom Network Inventoryの主な要素:

Physical Infrastructure Inventory

電気通信ネットワーク内のサイトやインフラに関する共通のデータ ソースです。内部および外部のアドレス データベースや、階層やスペース関連の文書が統合されています。平面図のビジュアル表示も含め、通信塔からデータ センターまでのすべての場所を文書化できる高度なグラフィカル ツールを備えています。キャビネット、マンホール、ダクト、ケーブル、その他の物理インフラ要素など、電気通信工場内外の物理的なネットワークを文書化するためのツールも備えられています。

Transport Inventory

設定不要でイーサネット、IP、xWDM、マイクロ波、SDH、PDH、その他一部のテクノロジーに対応しています。Resource Catalogが統合されているため、新興の隙間テクノロジーを簡単に導入できます。Virtualization Inventoryを併用することで、仮想ネットワークやハイブリッド ネットワークの文書化に完全対応します。

Devices and Virtualization Inventory

ベンダーやドメインを問わないネットワーク要素(物理、ロジカル、または仮想)関連のデータ ソースです。Resource Catalogが統合されているため、このテクノロジーを簡単に拡張することができます。ここで管理されるリソースは、これらを利用するテクノロジーの収束点であり、このデータ ソースを使い、複数のドメインやマルチレイヤーで構成されるネットワークを首尾一貫された方法で可視化させることができます。

Radio Access Inventory

Radio Network Inventoryは、RANネットワーク リソース管理のための総合的なソリューションで、事業者によるロジカルや物理無線ネットワークの管理をサポートします。3GPPベースのベンダーを問わないデータ モデルのため、あらゆる無線ハードウェア ベンダーやテクノロジー(GSM、UMTS、LTEなど)に管理しやすい統一されたインベントリを提供します。ネットワーク(物理/ロジカル)でデバイスをレイヤー式にモデリングしているため、複数の無線やSDN/クラウド-RANが混在するシナリオを簡単かつ効果的にモデリングします。Radio Network Planningを使った共有モデルとConfiguration ManagementやComarch SONを統合しているため、事業者が最高品質のネットワークを維持できる強力なツールとなります。

Fixed Access Inventory

Fixed Access Inventoryは、複数のアクセス テクノロジー(GPON、xDSL、GFast、RFoGなど)に対応しています。Comarch Next Generation Fulfillmentや他のインベントリ要素が統合されているため、収束型ネットワークOSSに優れたソリューションです。

Resource Catalog

物理機器、ロジカル ネットワーク機能、コネクティビティ、インフラの仕様カタログです。新しい仕様やテクノロジーの効果的な導入をサポートします。Network Inventory、Network Planning and Design、その他OSSスイート製品のデータ ソースとして機能します。

Mobile and Fixed Core Inventory

モバイルと固定コア ネットワークの物理およびロジカル デバイスのインベントリです。PS/CSコア ネットワークで仮想化に対応します。

Resource Management Processes

電気通信事業者向けNetwork Inventory Managementソリューションの一部です。Resource Management Processesは、効率的かつ事業者の環境に適した方法で、あらゆるインベントリ データを利用し、データが常に最新状態に保たれるようにサポートします。

Reporting

Reportingモジュールは、あらゆる種類や形式のレポートを自動作成します。将来性のあるNetwork Inventory Managementのアーキテクチャのお陰で、革新的なNFV/SDN環境を簡単に統合し、トポロジー マネージャーとして使用することができます。

Network Auto-discovery and Reconciliationが統合されているため、ネットワーク先導型のインベントリ ソリューションとして、インベントリを最新状態に保つための作業負荷が全体的に削減されます。高度で効果的なサービスを保証する真のイネーブラーです。

 

メリット

複数のベンダーやテクノロジーが混在するネットワークをエンドツーエンドで可視化

テクノロジー特有の情報を専用の一般レイヤーに含めて、事業者のネットワーク状況を首尾一貫された方法で可視化させ、情報過多を発生させることなく、1つの機器や接続を様々なレイヤーで表します。

ネットワーク運用コストの削減

すべてのテクノロジーとレイヤーのネットワークを首尾一貫された方法で可視化させることで、ビジネス効率を上げ、運用コストを削減することができます。インベントリは、ネットワーク運用センター、エンジニアリングとプラニング部門、調達、ビジネス パートナーなど、電気通信会社内の多くの業務プロセスの基盤です。

既存リソースの利用方法を改善

最新かつクロスドメインのNetwork Inventory Managementは、電気通信事業界の主なネットワーク投資部分です。既存リソースの効率的な利用や、ビジネス上の観点に基づく収益性の高い新規リソースのプラニングに対応します。

効率的なリソースの保証

Network Inventoryは、トポロジーで比較検討するネットワーク保証システムに対応し、最も効率的な方法で不具合の根本原因を特定および解消します。

包括的なOSS統合

Resource & Network Inventoryは、Comarch OSS Suiteの「中心」です。Planning & Design、Configuration Management、Fault Management、Service Quality Management、Customer Experience Management、Business Process Managementなど、他のすべてのモジュールのデータや情報を提供します。専用モジュールは、すべて共通のインベントリ データベースを利用しているため、効率的なデータ処理を実現します。また、専用インターフェースを多数用意する必要がないため、運用コストが削減されます。

イノベーション

Comarch OSSのアーキテクチャは将来性があり、インベントリ、プラニング、設定、保証部分で、NFV/SDNフレームワークが既に統合されています。つまり、Comarch OSSとは、新しい仮想世界と旧世界の両方を繋ぐ包括的なOSSなのです。

本製品が使われているソリューションの例:

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。