Service Catalog

Comarch Service Catalogは、暫定的なサービス ルールを確保する機能をはたしており、総合的なサービス フルフィルメントやサービス保証プロセスの自動化促進を目的としたサービス仕様管理の一元化をサポートします。

NFV/SDNテクノロジーが出現したことで、サービス カタログの重要性が一層増しました。サービス カタログを利用すれば、サービス チェーンのモデリングやオーケストレーションを行うことができます。

Comarch Service Catalogは、TMF SID規格を遵守し、顧客向けサービス (CFS) の仕様管理や、これをリソース側サービス (RFC) の仕様に当てはめて分解できるようにサポートします。これを行うことで、顧客サービスを該当の技術サービスに変換することが可能になります。特に、仮想機能に基づく技術サービスでは、分解したRFCを顧客向けサービスを開発する際の「ビルディング ブロック」として使えるようになります。

Comarch Service Catalogは、サービス インスタンスを管理するComarch Service Inventoryを統合しているため、サービス インスタンスはサービス仕様に従って作成されます。

 

Service Catalog

Comarch Service Catalogでサービスルールを定義する

顧客向けサービス (CFS) からリソース側サービス (RFS) へのサービス分解ルール

CFSからRFSへの分解ルールを定義することで、顧客からの注文を技術項目に分解できるようになります。

依存性ルール

サービス間の依存性ルールを定義することで、サービス フルフィルメントの自動化が促進されます。

NFVサービス チェーン

特に、NFVサービス チェーンは、サービス間の依存性に基づきモデリングすることで、オーケストレーションを促進できます。

アラーム伝播ルール

RFSからCFSへの変換仕様に従って構成されるアラーム伝播ルールに基づき、ネットワーク アラームを顧客サービス影響アラームに変換することができます。

サービス品質

KPIやKQIの値や公式を定義すれば、Comarch SQMモジュールによってサービス品質を管理できるようになります。

迅速な市場化

Comarch Central Product Manager (Product Catalog) を統合しているため、ビジネスおよび技術的視点から製品を定義し、受注から入金までのプロセスを自動化することができます。

運営費の削減

サービス管理の一元化と自動化を進めることで、サービス フルフィルメントと保証プロセスの運営費を削減します。

顧客体験の向上

サービス モニタリングやサービス品質管理ルールを定義し、顧客関係管理プロセスを強化することができます。

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

ngena

「ソリューションの包括性や煩雑性、また弊社の野心的なスケジュールを踏まえ、経験豊富で信頼できるBSSOSSプロバイダーを探しました。Comarchは、過去10年以上に渡り、Deutsche Telekomグループなど、様々な大手電気通信事業者の多様なプロジェクトに携わっています。その信用は、この戦略的に重要なプロジェクトのパートナーとしてComarchを選んだ大きな理由です。Comarchは、弊社の要望をきちんと理解し、両社で密接に協力してソリューションを開発しました。Comarchの動的なアプローチや、弊社の技術やビジネス上のニーズに耳を傾け、最高の結果を導くために開発内容を調節できる能力を目にし、私たちの選択が間違っていなかったことを確信しています。

ngena GmbH創始者兼マネージングディレクター、マーカス・ハッケ博士(Dr. Marcus Hacke

ケース スタディ >>

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。