Service Inventory

Comarch Service Inventoryは、サービスの観点からネットワークを管理します。このシステムは、Comarch Service Catalogを統合できるため、TM ForumのSIDモデル(顧客側サービス(CFS)とリソース側サービス(RFS))に従ってサービスを説明することができます。

Product Inventory(ノースバンド インターフェースを経由)やNetwork Inventory(サウスバンド インターフェースを経由)を統合することで、電気通信のService Inventoryから、ネットワーク、サービス、製品について、あらゆるデータを提供できるようになります。

 

メリット

ネットワークを上からも下からも可視化

ネットワークを上から見ることで、サービスそのもの(顧客に提供される状態で)からそれを提供するために必要なネットワーク リソースまでの状況を詳しく確認することができます。ネットワークを下から見ることで、特定のネットワーク要素が対応しているサービスを特定することができます。

ネットワークとサービスの橋渡し

ビジネス/顧客中心のビューと土台となる技術インフラの溝を埋めることで、ネットワーク開発やメンテナンスのコスト管理を向上させることができます。

時間とコストの削減

新規サービスを顧客に提供するまでの商品化時間とコストを削減できます。Comarch Service Catalogも利用すれば、サービス フルフィルメントの自動化が促進されます。

顧客体験の向上

システムがサービス監視とサービス品質管理プロセスを促進させれば、サービス品質の向上に伴い顧客体験の向上に繋がります。

サービス フルフィルメントの自動化を促進

Comarch Service Inventoryに、特にCFS/RFSサービス注文のCFS/RFSインスタンスなど、フルフィルメント プロセス中に提供される新サービスの情報を保存します。このシステムは、既存のサービスに関する情報を提供し、更新や解除に関わるサービス発注プロセスを適切に履行します。

サービス品質管理の向上

このシステムは、顧客サービスに対するネットワーク関連問題の影響を計算します。また、サービス監視やサービス品質管理プロセスのための警告の発信やKPI/KQIの計算をサポートします。

ネットワーク プラニングの最適化

Comarch Service Inventoryは、ネットワーク リソースとサービス利用に関する情報を提供し、ネットワーク プラニングとアップグレード プロセスを最適化します。

Comarch Service Inventory

Comarch Service Inventory

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

「Comarchは、信頼できる柔軟なパートナーです。複雑なOSS環境の統一化や次世代型OSS概念への移行をサポートしてくれます。」

Telekom Deutschland, Germanyコンフィグレーション&プロビジョニング システム長

トマス・キーメル(Thomas Kiemle)

ケース スタディをダウンロード >>

 

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。