Service Monitoring

Comarch Service Monitoringは、各種ネットワーク テクノロジーと管理分野に導入されているサービスの監視をサポートします。不具合管理システム、サービス品質管理システム、パフォーマンス管理システムなど、各種ソースから取得したイベントの相互比較がされComarch Service Monitoringで処理されて、サービスの影響分析が行われます。分析結果は、サービス ツリー上に視覚的に表示されるため、迅速に現状のインサイトを把握できます。

競合他社のサービス管理システムとは異なり、Comarch Service Monitoringは上位プラットフォームであるComarch Next Generation Service Assuranceの一部として統合されています。共通のプラットフォームを利用している不具合管理モジュールやサービス品質管理モジュールと共に、Comarch Next Generation Service Assuranceプラットフォームが共通の「ルック&フィール」で、真の「一元化」を実現します。このプラットフォームが、貴社のネットワークやサービス オペレーション センターのパフォーマンスを向上させます。

Service Monitoring

メリット

根本原因分析の自動化

ネットワーク不具合をドリルダウンし、自動的に根本原因分析を行うことで、顧客インシデントをより迅速に解決へと導きます。

ネットワーク ダウンの簡単シミュレーション

ネットワーク ダウンを予定している場合は、サービスに対するその影響を把握するべきです。Comarch SQMgは、ネットワーク ダウンをシミュレーションし、自動で影響分析を行います。

リソース使用の最適化を実現

サービスへの影響を最小限に抑えつつ、複雑なネットワーク問題を改善することで、リソースの無駄を防止するシステムを実現します。

一元管理の実現

インシデント管理プロセスを改善し、サービスの平均修復時間を大幅に削減します。影響を受けるサービスや根本原因について、詳しい情報を取得できます。

機能

サービス ツリーの可視化

アラーム情報も含めたサービス構造が視覚的に表示されるため、サービスの状態を迅速に確認することができます。

柔軟な伝播ルール

サービス事業者は、ネットワーク内の設定を反映させ、高度な伝播ルール (重複性、フェイルオーバー、単一障害点など) を定義することができます。

ネットワーク障害の優先順位設定

Comarch Service Monitoringは、顧客サービスへの影響度に基づき、ネットワーク不具合解消作業の優先度を設定し、顧客体験やコストの最適化を強化します。

上位プラットフォームに統合

この製品は、上位プラットフォームであるComarch Next Generation Service Assuranceの一部です。共通のソフトウェア プラットフォームで作動する不具合管理やサービス品質管理モジュールをシームレスに統合しているため、サービスの状態を統一されたビューで一元的に監視できます。

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

「MTCは、最高の顧客体験を実現するという究極の目標に基づき、Comarchのソリューションでネットワーク中心型から顧客中心型のOSSエコシステムへ転換できると信じています。」 

MTCバイス プレジデント兼最高技術責任者(CTO)

アンドレ―・ウシャツキー(Andrey Ushatsky)

ケース スタディをダウンロード

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。