Network Consolidation for M&A

Comarch Network Consolidation for M&Aソリューションは、電気通信会社が合併/買収(M&A)プロジェクトにおいて効率的にネットワークプラニングと合併プロセスを体系化および合理化できるようにサポートします。このソリューションは、Comarchの次世代型OSSポートフォリオの各種要素を組み合わせて構成されています。主なモジュールは、Resource & Network Inventory、Planning Framework(無線、トランスポート、コア テクノロジー パックを含む)、Geographical Information System(GIS)、Mediation、Reporting、Business Process Managementです。このソリューションに特化して開発された指標の自動設定やサイト選択に使われるペアリングと評価エンジンが、ネットワーク インベントリ プラニング機能の拡張をサポートします。

メリット

M&A承認前に対象ネットワークをプラニング

搭載されるデータ アクセス権管理機能により、権限者からの承認が下るまで、機密データは隔離しつつ、ComarchがM&Aプロセスに関わる両社側からのデータを移管し管理することが可能になります。これにより、合併後に目指すネットワークの場所選択やプラニング作業をスピーディーに進め、M&Aが正式承認されたら直ちに運用作業を開始し、統一の管理された方法で、合併ネットワーク展開作業をさらに進められるようになります。

ネットワーク プラニング ワークフローのカスタマイズ

このソリューションには、対象ネットワークのプラニング ワークフローをオーケストレーションするための簡単に調節できる業務プロセスが既定されています。経営陣は、プロジェクト マイルストンを簡単に管理・報告できるため、統一された明確な形で合併作業を確認できます。

ネットワーク プラニング プロセスを一貫性のある方法で表示

無線やトランスポート プランナーの判断や結果を分かりやすいレポートやビューで示します。地理ビューでネットワークを閲覧することも可能です。調節可能なKPIで、進捗や合併の成果を測定することができます。

他のOSSツールと同期

メディエーション モジュールが搭載され、ソリューション内で管理されるすべてのM&A作業を旧OSSツールと同期させます。

あらゆるテクノロジーによるネットワーク プラニングに対応

このツールは、市場で使用されるロジカルおよび物理トランスポート層と、すべての無線テクノロジー(2G/3G/4G)に対応しています。

他のComarch OSSモジュールに簡単に拡張可能

このソリューションは、ComarchのNG Network Planning frameworkを利用しているため、多様なComarch OSS Suiteの機能を使い、ニーズの変化に応じてソリューションを拡張することが可能です。たとえば、Comarch Configuration Managementでソリューションを拡張し、直接ネットワーク リソースに変更を加えることが可能です。

関連資料

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。