• インダストリー4.0
  • 改造
インダストリー4.0 は、サイバー物理システムの製造との統合 に重点を置いた技術革新とみなされます。IIoT(モノの産業用インターネット)を実装すると、すべてのデバイスがインターネットに接続されてリアルタイムで膨大な量のデータを交換するため、MES(製造実行システム)を通じて複数の生産段階を効果的にコントロルすることができます。
簡単に言えば、これは既存の機器にセンサーや接続などの新しい技術を実装することを意味します。改造は、既存のシステムを維持して、完全に新しい機器を購入する必要がないようにするコスト削減ソリューションとみなされます。効率的な管理方式は、無駄を削減し、コストをカットするのに肯定的な影響を与えるものですす。

利点

書類作業と手作業を減らすことによって、効率を最大化する

高品質を保証し、機器の紛失や盗難を防ぐ

ヒューマンエラーのリスクを軽減し、新入社員の入社を早める

分析と最適化をはかるデータを提供する

予測メンテナンス(PdM)による停止や誤作動を軽減する

新しい機器を改造してコストを削減する

工場におけるインダストリー4.0 のComarchのソリューション

  1. ERPの統合
  2. 市場に出ているERPとの統合可能性のおかげで、Comarchのソリューションはサプライチェーン、生産、流通、バックオフィスや販売を含む全ての生産プロセスのコントロールと管理を可能にします。Comarchシステムを実装すると、個々の従業員の日常作業に印刷されたリストの時代が終わります。

  3. 追跡能力
  4. 製造された品目に検出可能なタグを追加することにより、Comarchシステムは項目を追跡し、完成した生産段階の順序、時間と条件を登録することができます。したがって収集されたデータは、最終的な品質検査に役立ち、ステップ間に必要なリードタイムの遵守を保証します。また、Comarchのソリューションは、在庫の損失の問題を完全に解決します。

  5. タスク管理
  6. 組立ラインに専用のスクリーンが装着されると、従業員は、製造プロセスを通じて導かれ、適切な作業順序を知るようになります。これらの指示によって、手順が省略されたり、要素が混同されたりしません。このシステムは、データ収集者だけでなく、新入社員の入社時、特に重要な知識の配分者でもあります。

  7. 製造実行システム
  8. Comarchソリューションは、MES(製造実行システム)との統合により、全体の生産サイクルに渡って、リアルタイムデータとフィードバックを提供して稼働時間を最大化しながら、障害と無駄を防止します。最新の生産性能分析に基づいて最適な製造プロセスを提供することが重要です。つまり、それはもはや「念のため」の製品や突然の不足を意味するのではありません。

  9. 予測メンテナンス
  10. 温度、振動、音響センサーが機械に装着されているので、Comarchシステムは起こりうる生産障害を前もって検出することができます。センサーは、全プロセス中に予期しない故障を警告します。機器の状態に関するリアルタイムの情報を提供するPdM(予測メンテナンス)を使用すると、必要に応じてメンテナンス作業を簡単に行うことができます。

  11. 改造
  12. Comarchソリューションは、既存のプラントに特別な重点をおいて設計されました。改造により、新しい機器を購入する必要がないので、低コストで既存のシステムのアップグレードを行うことができます。接続モジュールを備えたセンサーを古い機械に追加すると、新しいデバイスと同じ機能を果たさせることがるでき、資本支出も減らすことができます。

ERPの統合

市場に出ているERPとの統合可能性のおかげで、Comarchのソリューションはサプライチェーン、生産、流通、バックオフィスや販売を含む全ての生産プロセスのコントロールと管理を可能にします。Comarchシステムを実装すると、個々の従業員の日常作業に印刷されたリストの時代が終わります。

追跡能力

製造された品目に検出可能なタグを追加することにより、Comarchシステムは項目を追跡し、完成した生産段階の順序、時間と条件を登録することができます。したがって収集されたデータは、最終的な品質検査に役立ち、ステップ間に必要なリードタイムの遵守を保証します。また、Comarchのソリューションは、在庫の損失の問題を完全に解決します。

タスク管理

組立ラインに専用のスクリーンが装着されると、従業員は、製造プロセスを通じて導かれ、適切な作業順序を知るようになります。これらの指示によって、手順が省略されたり、要素が混同されたりしません。このシステムは、データ収集者だけでなく、新入社員の入社時、特に重要な知識の配分者でもあります。

製造実行システム

Comarchソリューションは、MES(製造実行システム)との統合により、全体の生産サイクルに渡って、リアルタイムデータとフィードバックを提供して稼働時間を最大化しながら、障害と無駄を防止します。最新の生産性能分析に基づいて最適な製造プロセスを提供することが重要です。つまり、それはもはや「念のため」の製品や突然の不足を意味するのではありません。

予測メンテナンス

温度、振動、音響センサーが機械に装着されているので、Comarchシステムは起こりうる生産障害を前もって検出することができます。センサーは、全プロセス中に予期しない故障を警告します。機器の状態に関するリアルタイムの情報を提供するPdM(予測メンテナンス)を使用すると、必要に応じてメンテナンス作業を簡単に行うことができます。

改造

Comarchソリューションは、既存のプラントに特別な重点をおいて設計されました。改造により、新しい機器を購入する必要がないので、低コストで既存のシステムのアップグレードを行うことができます。接続モジュールを備えたセンサーを古い機械に追加すると、新しいデバイスと同じ機能を果たさせることがるでき、資本支出も減らすことができます。

参照

Comarchは私たちの会社とプロセスおよび品質についての考え方を知っており、すべてを総合的ソフトウェアにマッピングすることができます。AbnoxのCEOであるMatthias Isel氏は強調しています。

それがどのように動作しますか?

Industry 4.0用 Comarchは SaaS(サービスとしてのソフトウェア)または展開モデルで提供される包括的なシステムです。これは工場ERPシステムと統合されたクラウドデータベース(Comarch IoTプラットフォーム)に接続された送信機(例えば、Comarchビーコン)と受信機(Comarch IoTハブ)を備えたセンサーで構成されます。トランスミッタは、生産ライン、フォークリフト、倉庫、最終製品部品のような機器にインストールされます。次に、センサーからの生産現場のデータは、工場地域全体を包括する重要な場所に設置されたIoTハブによって収集されます。

IoTハブがIoTプラットフォームにデータを送信すると、情報は、Webブラウザやモバイルアプリケーションを通じてオンラインでアクセスできるようになります。 Comarch IoTプラットフォームは、すべてのデータが保存され、分析されているスマートファクトリの中核です。ルールと警告を規定して、簡単にコントロールし、管理することができます。 Comarch IoTプラットフォームは、生産現場とERPシステムとの間のミッシングリンクです。

製品選択をお手伝いしましょうか?

ビジネスニーズについてお教えください。私たちは、完璧な解決策をお見つけいたします。

他のIoTソリューションについて紹介します。ビデオをご覧ください!

    もっと知りたいですか?PDF資料をダウンロードしてください!

      すべてのリソースを参照してください