ポーランド、2020年12月。Comarchは、TM Forum Open APIを使用してデジタルエコシステム全体の相互運用性を推進するために、Open API Manifestoに署名し、オープンスタンダードへの取り組みを強化します。


TMフォーラムは、通信デジタルサービスプロバイダーのビジネスを成功させるためのコラボレーションと、協同での問題解決のサポートを行う協会です。Comarchは、Open APIマニフェストに署名することにより、対話を促進させ、Open APIのさらなる共同開発へのサポートを保証しました。



アーキテクチャのオープン性とツールの優れた柔軟性が、Comarchが過去25年にわたって顧客と協力して取り組んできた数多くの変革プログラムの成功の鍵でした。サイロの解消に関するODAのパラダイムは、Comarchの戦略、製品ビジョン、そして市場に提供してきた革新的なテクノロジー(ビッグデータやIoT対応の実用的な分析エンジン、自律的仮想化ネットワーク管理、デジタル製品・サービスカタログ、ユニバーサルオムニチャネルプロセスなど)によって推進されるすべての革新的な機能と対応しています。

「特にOpen APIはテレコム事業者にとって必須アイテムであり、これにより、正式なナレッジベースと組み込みAIの可能性を最大限に活用し、さらに、さまざまなシステム間で共有されるデータと機能に基づいて、標準化された方法でプロセスを再考し自動化できるようになりました。これらはすべて、ITアーキテクチャの外観だけでなく、組織全体の真の変革を可能にし、最終的にはビジネスとITが「BizOpsモード」で緊密に協力し、ダイナミックに競争が激化する市場での成功につながります。Comarchは、自身の経験を共有し、TMフォーラムがデジタル通信事業者時代の通信を可能な限り最良の方向に向けてナビゲートし、Open API標準に貢献することで、より多くの可能性をもたらすサポートを提供したいと願っています。」(Comarch製品管理責任者、ドミニク・パツェヴィチ(Dominik Pacewicz)・談)


Comarchは、TM フォーラムOpen API マニフェストに署名した世界有数の通信デジタルサービスプロバイダー67社のうちの1社となりました。


Open APIマニフェスト


Open APIマニフェスト・イニシアチブは、発足以来、5Gによる収益化に成功させ、2020年代を生き残るために必須である運用の俊敏性、コストベース、カスタマーエクスペリエンスを提供するために必要なシステムの設計、構築、運用方法を根本的に見直す道を切り開くことに成功しています。

マニフェスト及びその運営についての詳細については、こちらをご覧ください。

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。