コマーチ社、MWingzの躍進を支援 - ベルギー初の共有ネットワーク

クラクフ、2022年2月 - プロキシムス(Proximus)社とオレンジ・ベルギー(Orange Belgium)社のジョイントベンチャーであるMウィングス社は、共有ネットワークの運用・管理に向けたサポートを受けるにあたり、コマーチ社を選択しました。

2019年、プロキシムス社とオレンジ・ベルギーは、無線アクセスネットワーク(RAN)のアクティブおよびパッシブ機器を共有することで、未来のモバイルアクセスネットワークを開発するための協力を行うと発表しました。Mウィングス社は、共通グリッドの計画、構築、運用を行うために設立されたジョイントベンチャーです。この合弁会社は、プロキシムス社とオレンジ・ベルギーが所有し、ブリュッセルに拠点を置いています。

コマーチ社とMウィングス社のパートナーシップは2021年8月に正式に締結され、コマーチ・ネットワークインベントリ管理(Comarch Network Inventory Management)、ネットワークプランニング&デザイン(Network Planning & Design)(フレームワーク)、ネットワークオートディスカバリー&リコンサイル(Network Auto-Discovery & Reconciliation)、構成マネジメント(Configuration Management)などのモジュールの提供が含まれます。本コマーチソリューションは、SaaSモデル(ライセンス、マネージドサービス、ホスティング、ディザスタ復旧オプション)で提供される予定です。

コマーチ社が提供するソリューションにより、Mウィングス社は、共有ネットワークインフラをエンドツーエンドで一元的に把握し、CAPEXやその他のネットワーク運用コストを削減することができます。

モバイル通信サービスを利用するエンドユーザーにとっては、5Gがより早く展開できることで、対応エリアの拡大、サービス品質の向上、新サービスへのアクセスが容易になります。

「当社がコマーチ社を選んだのは、ヨーロッパの主要な通信事業者グループとの合併・統合プロジェクトにおける無線アクセスに関する実績があったからです。私たちにとって重要な基準は、MORANのための豊富なアウト・オブ・ザ・ボックス型のソリューションをすぐに利用できること、迅速なデリバリー方法を採用していること、そして製品のデリバリーに関して、

魅力的なサービスとしてのソフトウェアアプローチを採用していることです。」

Mウィングス社のIIT部門責任者であるクリスト・デフォルシェ氏はこのように述べています。

Mウィングス(MWingz)社について

Mウィングスは、プロキシムス(Proximus)社とオレンジ・ベルギー(Orange Belgium)社が所有するジョイントベンチャーであり、共通グリッドの計画、構築、運営を行うために設立されました。両事業者は、2019年に協力を発表し、無線アクセスネットワーク(RAN)のアクティブおよびパッシブ機器を共有することで、未来のモバイルアクセスネットワークを開発することをその使命としています。

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。