Comarch tPro ECC

主に文書の承認、オンライントランザクションに使用するUSBトークン

Comarch tPro ECCは、素早く効率的で便利なオンラインバンキングのセキュリティを求める声に応えるソリューションです。

小型で軽量の、ドライバ不要で使えるUSBトークンは、主にデジタル署名による文書やオンライントランザクションの認証、本人確認に利用されます。

署名手続きを行う際、ユーザーは装置に組みこまれたボタンを使った認証を行います。この仕組みで、リモート攻撃からトランザクションを保護し、第三者が転送命令実行時に勝手に介入するのを防ぎます。

cyber security webinar
tPro ECC Overview

製品の特長

高強度の暗号化方式を採用

高強度の暗号化方式を採用

暗号化・署名操作には、デバイス内の安全な記憶領域に保存されている一対のキーを使用します。キーへのアクセスは、PINコードで保護されています。アクセス失敗回数は事前に制限され、この上限を超えた場合は暗号処理をブロックします。キー1対につき、ユーザー認証と更新に関する情報をアップロードできます。

リモート攻撃から保護

Comarch tPro ECCは、トークンの外側にあるボタンを使う独自の仕組みで、ユーザーを検知します。キーワード入力を伴う操作では必ず、ボタン操作を要求する仕組みです。

ドライバ不要

ドライバ不要

トークンはOSにネットワークカードとして認識され、ドライバをインストールすることなくブラウザと安全に通信できます。

Comarch tPro ECCはWindows、MacOS、Linuxで動作します。汎用的な通信プロトコルをベースにしたアーキテクチャで、ブラウザ固有の仕組み(機能拡張やAPIなど)に関わらずデバイスをご利用いただけます。

リモートでソフトウェア更新

新しいバージョンのアップロードは自動で行われるため、ユーザーの操作は不要です。権限の無いデータソースからのインストールを防止するため、アップデートプロセス開始前に、デバイスがバイナリパッケージの検証を行います。

RSA2048/ECC521をサポート

迅速に統合可能

トークンはライブラリ付きで配信されているため、フロント/バックエンドでの統合も手早く実行できます。以下の機能を揃え、即座に運用可能なComarch IAM Authentication Serverソリューションもご用意しています。

- tPro ECC

- tPro Mobile

- tPro SmartCard

- サードパーティ製トークン

RSA2048/ECC521をサポート

Comarch tPro ECCは、暗号化アルゴリズムの異なる2種類をご用意しています。最も一般的なアルゴリズムが、2048ビットキー対応のRSA(RSA2048)です。キーサイズ521ビットの楕円曲線暗号方式(ECC521)もご利用いただけます。

Comarch Transaction Protectionのソリューション
tPro ECC
tPro Mobile

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。