#MoveToDigital – Comarchのデジタル シティへようこそ

新しいテクノロジーの誕生には、電気通信業界のデジタル トランスフォーメーションで叶えられる可能性の最大活用を求める情報通信事業者(CSP)からの新しいアイデアが必要です。

常に変化し複雑化を続ける顧客の要望にスピーディーかつアジャイルに応えられるかどうかが、電気通信事業者からデジタル サービス プロバイダーへの転換を成功させるためのカギです。さらなるスピードや効率化が求められる運営や用途に対応するには、ネットワークを進化させ、絶対的な顧客第一戦略で、真のパーソナライズされたサービスや体験を提供できるレベルまで、イノベーションを推し進めなければなりません。

この転換は、ネットワーク テクノロジーに基づいて行う必要があります。特に企業顧客やM2M/IoT関連の分野では、NVF/SDNの登場で、CSPは自由にデジタル サービスを試せるようになりました。これに深く関係しているのが、物理分野から仮想分野への変化、つまり、BSS/OSSツールをクラウドに移動することで業務の加速化を実現する仮想化です。

その一方で、CSPはお客様のサービス購入方法が大きく変化していることを認め、それに対応しなければなりません。最近では、すべてのお客様体験がオンラインで行われることも多いため、複数のデバイスや販売チャンネルを行き来しているお客様でも、シームレスかつ首尾一貫された方法で情報検索、サービス比較、そして購入が可能になるように、営業とマーケティングのオムニチャンネル化が必須です。

ところが、ネットワーク テクノロジーやオムニチャンネルは、情報が伴っていなければ何の価値もありません。そこで登場するのが、総合型のリアルタイム データ解析です。効果的にデータをクエリできるため、個々の加入者やM2Mのお客様などに合わせてパーソナライズされたサービス提供が可能になります。収益を最大化させるためには、M2Mのお客様に真のパーソナライズ サービスが必要になるかもしれません。

#MoveToDigital – Comarchのデジタルシティへようこそ

新しいテクノロジーや概念によって、私たちの通信や電気通信サービスの利用方法がどのように変化しているのか、またその変化がサービス プロバイダーのビジネスにどのような影響を与えているのかを紹介するため、デジタル シティを開発しました。

ツアーに参加する!このシティ マップでは、2~3週間ごとに新エリアとして新しいトピックが更新されます。

シェア

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。