Real-Time OSS – SDN/NFV Orchestration

SDN/NFVオーケストレーションのためのOSSサポート

革新的なサービスやシームレスなデジタル体験を提供することで競争力が得られるとしたら、運営コストの増大やネットワークの制限を理由に、他のコンテンツサービスプロバイダー (CSP) やオーバー・ザ・トップ (OTT) 企業との差別化をあきらめることはありません。

電気通信ネットワーク関連のSDN/NFVドメインで、何年にも渡り幅広く概念実証を行ってきた今こそ、ソフトウェアディファインドネットワーク (SDN) や仮想ネットワーク機能 (NFV) に伴うニーズやメリットに対処すべきです。

ドメイン管理者をサポートするエンジニアリングプロセスを導入することで、サービスのフルフィルメントや保証プロセスの自動化を進め、運営コストを大幅に削減することができます。

共通のシステムで仮想ネットワークと物理ネットワークの両方の機能管理やオーケストレーションに対応できるため、新テクノロジーを導入する際の煩雑性が緩和され、お客様に革新的な電気通信サービスを提供することが可能になります。

Comarch OSSソリューションは、VNF、PNF、SDNで制御される電気通信ネットワーク上のサービスのプロビジョニングや管理に必要な一元的なプラットフォームを実現します。ComarchのリアルタイムのOSSが「コントローラーのためのコントローラー」として機能することで、複数のドメインが複雑に絡み合うトポロジー全体のオーケストレーションを実施します。

How to Make your OSS 5G ready
当社のビデオを是非ご覧ください。
クローズドループ・ハイブリッド・ネットワーク・マネジメントの導入
 
仮想ネットワーク及び物理ネットワーク機能のマネジメントとオーケストレーション用の単一ツールを選択することにより、新しいテクノロジーの採用を促進し、サービス作成の革新を実現することができます。Comarch OSS がPNFとVNFの両方に対して提供するサポートは、ネットワーク・スライシングの基盤として機能します。
フルフィルメント及び保証プロセスの自動化

サービスとリソースインベントリ間のフレームワーク統合を活用して、ゼロタッチ保証に移行します。
 
単一のツールによるサービスマネジメントの合理化

サービスの分解、フリースタイルの結合とオーケストレーション、動的なサービスチェーン、サービス・ライフサイクル・マネジメントに最適なツールを活用することができます。
仮想化ネットワーク(NFV)に向けて徐々に進化

Comarchのモデル駆動型リソース・マネジメント・ポートフォリオは、仮想ネットワーク及び物理ネットワーク機能の統合サポートを備えており、NFVへ段階的に進化させていきます。
業界標準のコンプライアンス確保

システムアーキテクチャは、TM フォーラムSIDモデル(CFS-RFS-R)に基づいています。VNFオンボーディングは、ETSIコンプライアンスの必要要件に準拠しています。
幅広い統合が可能

Comarch OSS製品は、オープンスタック及びオープンソースSDNコントローラーやベンダー固有のドメインコントローラーと統合します。
 
 
 
ネットワークの再構成が簡単

コンフィグレーション・マネジメント機能により、ベンダー、テクノロジー、デバイスタイプを問わず、すべてのネットワーク要素をモデル駆動型の方法で簡単に構成することができます。
 
 
ハイブリッド・ネットワーク・サービス保証の実行

障害管理、パフォーマンスマネジメント、品質管理モジュールは、仮想ネットワーク機能と物理ネットワーク機能の両方を監視し、VNFヒーリングとスケーリングをトリガーして、ピーク時のネットワーク・トラフィック時間におけるカスタマー・エクスペリエンスを最適化します。

Comarch OSSによるSDN/NFVサポート

ハイブリッドネットワーク管理のための閉ループソリューションとしてのComarch OSS

 

次世代のサービスオーケストレーション

仮想環境であるかに関わらず、お客様にシンプルで強力な総合型サービスを提供する、カタログ中心のオーケストレーションプラットフォームです。

  • TM ForumのSIDモデル (CFS-RFS-R) に準拠。
  • サービスの細分化、任意の組み立て、オーケストレーションに対応。
  • 物理ネットワーク機能 (PNF)、マルチドメインのオーケストレーション、マニュアル作業のためのサポート機能を加え、欧州電気通信標準化機構 (ETSI) のNFVオーケストレーター (NFVO) を拡張。
  • 動的にサービスを連結し、サービスライフサイクル管理をサポート。

 

VNFとPNFの統合管理

Comarchは、VNFとPNFのための機能を統合し、モデル中心のリソース管理ポートフォリオを提案することで、NFVへの段階的な移行に対応します。

  • リソースカタログとインベントリを一つに統合することで、VNF、PNF、NFVIのリソースを管理したり、モデルの一部を下層システムに代行させることが可能。
  • サービスインベントリとリソースインベントリのフレームワークを統合することで、サービスのフルフィルメントや保証プロセスの自動化をサポート。
  • 拡張機能や回復機能など、VNFのライフサイクルに対応できる純正VNFマネージャーを実装。ベンダー固有のNVFマネージャーの統合が可能。
  • ETSIと互換性のある記述子を介してVNFを導入。Comarch WEB GUIを介してVNFをカスタマイズ可能。
  • OpenStackを統合。

 

SDN

柔軟なデザインフレームワークにより迅速にプロセスを適用し、SDNコントローラーへ機能を譲渡することで、SDNとレガシーネットワークの両方を一元的に管理。

  • OSSコンポーネントにオープンソースのSDNコントローラーを密接に統合できます。また、ベンダー固有のドメインコントローラーを統合します。IP/MPLSネットワーク(PCEP、BGP-LS、セグメントルーティング)で、OpenFlowやSDNに対応。
  • SDNテクノロジーが「コントローラーのためのコントローラー」として機能することで、総合的なオーケストレーションと管理を実現。
  • ベンダーを問わず、モデルを中心としてネットワークを再設定できるComarch Configuration Managementモジュールによって、幅広い種類のネットワークテクノロジーやデバイスに対応。
  • 共通のシステム (Comarch OSS) でPNFとVNFを同時にサポートするため、ネットワークスライシングの基盤を構築。

 

SDNおよびNFVテクノロジーのための障害管理・パフォーマンス管理・サービス品質管理

Comarch Next Generation Service Assuranceが仮想マシン (VM)、VNF、そして最終的にはお客様側の物理ハードウェアで発生した障害の影響をモニタリングし、自動的に問題解決プロセスを実行します。

  • OpenStackやOpenDaylightの障害とKPIをモニタリング。VNFとNFVIのリソース関連アラームやKPIを相関処理。
  • Comarch Fault・Performance and Service Quality Managementは、仮想およびそれ以外のネットワーク機能をモニタリングしてVNFの回復や拡張をトリガーし、負荷ピーク時間に可能な限り最高の顧客体験を実現。
  • サービス側の管理では、ドメインコントローラー、リアルタイムのイベントの処理および反応、ドメイン関連アラームの相関処理を密接に統合します。

他のサービス

資料ダウンロード

    リソース

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。