インフラストラクチャ管理

Comarch Telecom Infrastructure Management(テレコムインフラストラクチャ管理):ライフサイクル全体にわたる資産の完全な管理

四半世紀以上にわたって、ComarchNetwork Inventory Management(ネットワークインベントリ管理)システムの新バージョンは、技術革新を通じて通信をサポートしてきました。

現在、次の分野で電気通信サービスプロバイダーのサポートを行なっています。

  • 計画から展開およびプロビジョニングまでのプロセスの自動化により、コスト最適化計画の展開とインフラストラクチャ投資利益の最大化を行います。
  • コア、伝送、無線、固定アクセスを含むすべての通信ドメインで5Gへの拡張をサポートするツールを提供します。
  • 実行時に物理リソースと仮想リソースのネットワークを管理する完全デジタル通信に向けた消費者通信プロバイダーと通信事業者の変革を行います。

プレスリリース:LG U+でのComarch OSS実装

 

このプロセス推進のきっかけは、2019年4月に正式に開始された韓国の通信サービスプロバイダーの5G networkの大規模な展開の準備でした。LG U+の主な目標は、社内プロセスを最適化し、全体的なエンドユーザーエクスペリエンスを向上させることでした。

詳しく読む >>

The Successful Rollout of 5G Base Stations with Comarch OSS
当社のビデオを是非ご覧ください。

ComarchTelecommunications Infrastructure Management(テレコムインフラストラクチャ管理)の主要サービス:

物理デバイスと在庫

Comarch Telecommunications Infrastructure Management(テレコムインフラストラクチャ管理)は、TMF Frameworxに基づくオープンな中央リソースカタログと、19000を超えるデバイスモデルとネットワークコンポーネントを含むライブラリを備えており、NGOSSソリューションのための中央インフラストラクチャとネットワーク容量管理サービスを提供します。また、Comarch OSSのすべてのコンポーネントに対して、専用のクリエーター、リソーステンプレート、インベントリビューと階層ビュー、標準化された物理リソース管理REST APIを提供します。

 
物理的な接続とトポロジ

ラックインフラストラクチャ、配線盤、マルチシャーシデバイスのマルチセグメントケーブル接続とパッチ適用をサポートするツールセットを提供します。複雑なデバイスの相互接続、完全なRAN及びMWリギングを管理します。信号損失の計算、電力と冷却のバジェットなどについて、グラフトポロジ計算サービスとの接続を検証します。オペレーター(B2B / O)及び通信事業者のサービス向けに、組み込みのオートコンプリートとルートファインダーを使用して、パッチ適用と終了の自動化を提供します。

 
サイトとロケーション

アクティブなフロアプランと電力および冷却管理を備えたスペース管理、アクティブな機器ビューを備えたラック管理を使用して、建物やその他のロケーションの在庫計画と構造を管理します。構成可能なアドレススキーマ及びジオコーディングを使用して、アドレス管理を統合します。 計画をサポートし、すべての送信とアクセスネットワークノード、RANサイト、又はポイントオブプレゼンスの制御を維持します。高度なアクセス制御で重要なインフラストラクチャを保護します。また、エラーのリスクを最小限に抑え、放射線や高電圧などの潜在的な危険について警告をすることにより、現場で作業する技術者をサポートします。


地理空間インベントリとネットワークの計画と設計

Comarch Infrastructure Management(インフラストラクチャ管理)では、すべてのデータと操作が実行時にマップ上で利用でき、追加のデータベース、コストのかかるGISフレームワーク、統合、またはデータモデルのメンテナンスは必要ありません。オープンレイヤーライブラリに基づく組み込みのGISサービスは、ロケーションの視覚化、エンジニアリングインフラストラクチャ、物理インフラストラクチャレイヤーと論理ネットワーク及びサービストレイルレイヤーの接続をサポートし、オープン地理空間インターフェイスを介してサードパーティーのジオポータルサービスとの統合を提供します。

On the Road to Zero-touch End to end Network Design and Optimization
当社のビデオを是非ご覧ください。

Comarch Telecom Infrastructure Management(テレコムインフラストラクチャ管理)のメリット:

実行時に、ライフサイクル全体でアセットがどのように機能するかを完全に制御できます。

Comarch Infrastructure Management(インフラストラクチャ管理)は、ネットワークへの投資から最大の利益を得るために、すべての技術資産を管理します。これは、収益化のサポートを行うということです。ネットワークのランタイム、容量、使用率、計画されたアクションに関するデータは、ネットワークエンジニア、プランナー、技術者、アナリストの間においてリアルタイムで共有でき、インベントリを使用するなど、最もコンテキストに応じた直感的な方法でネットワークの現在の状態に関する情報(例、ネットワークビュー、GISビュー、階層ビュー、フロアプラン、ラックビューなど)を提供します。 

カスタマーエクスペリエンスを向上させます。。

Telecom Infrastructure Management(テレコムネットワークインフラストラクチャ管理)は、マルチベンダー、マルチテクノロジー、マルチパーティのネットワーク要素のエンドツーエンドの可視性により、運用の継続性と全体的なカスタマーエクスペリエンスの安定性を確保し、オブジェクト、接続性、地理空間データ、デジタル管理されたエコシステムからの情報を完全に視覚化して得られる包括的なトポロジーサービスを提供します。



新しいビジネスチャンスとデジタルエコシステムが始まります。

Comarch Infrastructure Management(インフラストラクチャ管理)は、帯域幅、専用回線、デバイスの正確な使用を制御し、自動化されたAPIを介してパートナーと共有するインフラストラクチャサービスを提供することで、ネットワークの機能とカバレッジを拡張し、デジタル管理されたビジネスに新しい機会をもたらします。

ネットワーク資産と機能への無制限のアクセスを取得します。

Comarch Infrastructure Management(インフラストラクチャ管理)は、ネットワークマイクロサービスアーキテクチャと標準のREST APIを使用して24時間365日、常時作動します。つまり、ネットワークに関する情報には、デジタルエコシステム内のどこからでもいつでもアクセスすることができる、ということになります。また、これにより、新しいサービスをより迅速に展開することができます。

操作の自動化と最適化を行います。

計画と展開、デバイスの交換、移動と変更、一括操作と大量操作の管理など、リソース管理ドメインでのプロセスと操作の自動化とテンプレート化により、人的資源の使用が最適化され、組織内のデジタル管理プロセスが標準化されます。

最高のセキュリティと運用継続性の基準を提供します。

GUI、API、BPMレベルでの在庫データアクセスと変更に最高のセキュリティ標準を実装することにより、デジタル管理されたネットワークサービスへのアクセスと重要なインフラストラクチャへのアクセスを保護します。デバイス間の関係、接続トポロジ、電源供給、変更管理、停止管理など、ビジネス運用の継続性を確保するために必要なすべてのデータを統合します。  

Telecom Infrastructure Management(テレコムインフラストラクチャ管理_に関連するPDF資料をご参照ください。

    リソース

    他のOSSモジュールとの統合:

    Comarch Infrastructure Management(インフラストラクチャ管理)は、Comarch OSSのすべてのコンポーネント、及びオペレーターのエコシステム内のサードパーティーのサービスとシステムに対して、単一のインベントリと物理接続サービスとして機能します。

    アクティブパラダイムとランタイムパラダイムを実現するために、在庫管理は自動検出と調整サービスと事前に統合されています。これにより、マルチベンダー及びマルチドメインネットワーク、フィールドに関する包括的で最新の洞察を提供することにより、サイト調査やサイト検査などの手動インサイトのためのシステム管理と効果的なネットワーク管理が可能になります。



    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。