Network Auto-discovery & Reconciliation

Comarch Network Auto Discovery and Reconciliation system(ネットワーク自動検出及び調整)システムのご紹介

本システムは、物理ネットワーク機能と視覚化ネットワーク機能の両方に対応し、RAN、トランスポート、コア、アクセス、ITドメインを含む通信ネットワークのすべての領域の調整をサポートします。Real Time Inventory Management(リアルタイムインベントリ管理)との統合により、完全に1つに統合された最新のネットワーク状態のライブビューを提供します。

プレスリリース:LG U+でのComarch OSS実装

 

このプロセス推進のきっかけは、2019年4月に正式に開始された韓国の通信サービスプロバイダーの5G networkの大規模な展開の準備でした。LG U+の主な目標は、社内プロセスを最適化し、全体的なエンドユーザーエクスペリエンスを向上させることでした。

詳しく読む >>

The Successful Rollout of 5G Base Stations with Comarch OSS
当社のビデオを是非ご覧ください。

Comarch Network Auto Discovery and Reconciliation(ネットワーク自動検出 及び調整システム)のメリット:

完全なネットワークビューで最新情報が入手できます。  

Comarch Network Auto Discovery and Reconciliation(ネットワーク自動検出及び調整システム)は、オペレーター・ネットワークの正確な多層ライブビューを提供します。これは、リソース計画、サービス、リソース・オーケストレーション、自動保証などの効果的なプロセスに必須のバックボーンです。

ベンダーニュートラルモデリングでデータを受信します。

ネットワーク自動検出及び調整システムは、リアルタイムネットワークインベントリに保存されているネットワーク構成とトポロジの統合されたベンダーニュートラルにより、人に優しいモデリングでデータを提供します。

迅速な展開の準備を行う。

調整システムはすぐに使用でき、この大規模な統合をネットワークシステムの一般的なノースバウンドインターフェースへ行うことにより、オペレーターのネットワークを迅速に把握できます。新しく作成が必要な場合でも、当社の経験豊富なチームと標準化されたプロセスにより、迅速な統合を保証します。

オープンスタンダード又はベンダー固有のモデリングで使用できます。 

ベンダーニュートラルモデリングの出力とは別に、ネットワーク自動検出と調整により、ネイティブネットワークモデリングのその他のOSSモジュールデータを収集して提供することができます。例えば、最新のネットワーク機能の場合は、OpenConfigやONF T-APIなどのオープンスタンダードを、そして古いネットワーク機能の場合はベンダー固有のモデリングを使用します。
On the Road to Zero-touch End to end Network Design and Optimization
当社のビデオを是非ご覧ください。

Comarch Network Auto Discovery and Reconciliation(ネットワーク自動検出及び調整システム)の機能:

  • リアルタイムの調整 
巨大なネットワークダイナミズムを備えたNFVやSDNを利用するドメインでは、大規模なバルクネットワーク検出という従来のアプローチでは不十分な場合があります。そのため、調整インターフェイスはネットワーク自体にトリガーされ、構成の変更が通知されます。制限、又は変更されたオブジェクトに向けられた調整を行うことにより、リアルタイムネットワークインベントリを常に最新の状態に保つことができます。従来のアプローチではネットワークシステムがサポートされていない場合もありますが、必要に応じて常時行うことが可能です。

  • 不一致の処理 
ネットワーク自動検出と調整において、ビジネス上のメリットの1つとして、オペレーターのネットワークとリアルタイムネットワークインベントリ内のイメージとの間の構成又はトポロジの違いを検出することが挙げられます。この製品では、システムが典型的な不一致、又は二次的な不一致を処理する方法に関するルールを定義できるため、エンドユーザーはこれらの異常なケースやより重大なケースに集中することができます。

  • ネットワークパラメータ化の厳密な制御
調整の最初のフェーズである元のベンダーのモデリングにおけるネットワーク構成のインポートは、必要に応じてネットワークのパラメーター化を保証する特定のルールを定義することができます。Network Auto Discovery and Reconciliation(ネットワーク自動検出と調整)のオプション機能であるネットワークパラメータ監査は、これらに対してネットワークの構成設定をチェックし、ユーザーまたは他のOSSモジュールにフィードバックを提供します。

 

 

他のOSSモジュールとの統合


本製品は、リアルタイムネットワークインベントリ管理及びネットワーク構成管理と事前に統合されており、貴重なネットワークデータを提供します。さらに、ネットワークネイティブモデリング及びベンダーニュートラルなサードパーティーの顧客システムでデータを提供できるオープンAPIを提供します。

テレコムネットワーク自動検出に関連するP D F資料をご参照ください。

    リソース

    ネットワーク自動検出と調整にご関心をお持ちのお客様は、こちらの商品もご覧ください。

    ケース スタディ

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。