リソース注文管理

Comarch OSSリソース注文管理 (OSS Resource Order Management)– テレコムネットワークプランナー向けのスマート自動化ツール

Comarch Resource Order Management(リソース注文管理)サービスは、ネットワークプランナーの日常業務を簡素化します。繰り返し可能なすべてのタスクをROMスマートエンジンに委任できるため、プランナーは戦略的なネットワークの計画と最適化に集中することができます。

さらに、オペレーターは、Comarch ROM製品を使って、複雑でハイブリッドなマルチテクノロジーとマルチベンダーのネットワークサービスを設計、自動プロビジョニングし、運用段階を自動化することができます。当社のリソース注文マネージャー(Resource Order Manager)のコアは、モデル駆動型のTM Forum SIDアプローチに基づいています。そのため、既存の仕様とテンプレートを1回限りの書き込みアプローチで再利用し、新しい自動化フローを簡単に設計できます。これにより、新しい設計の導入と実装がはるかに迅速かつ簡単になります。

ROMは中間のツールであり、NBIとSBIはTMF OpenAPIに準拠しています。そのため、さまざまな展開モデルが可能になり、リソース注文マネージャーは、複雑なマルチドメインとマルチベンダーネットワーク上で包括的な自動化ソリューションとして機能したり、サービスアセンブリの顧客注文を受け取り、それを分解して作業を外部プロビジョニングに委任したりするコマンドと制御エンティティとして機能することができます。

また、Resource Order Manager(リソース注文マネージャー)は、将来のセルフメンテナンスコグニティブOSSエクスペリエンスのイネーブラーでもあり、AI支援アルゴリズムがネットワークの問題を検出し、修正措置を実行することでそれらに自動的に対処します。

プレスリリース:LG U+でのComarch OSS実装

 

これによりLG U+は、Operations Support & Readinessのほか、Fulfilment、Assurance分野における自社のネットワークリソースとサービス管理について包括的な改良を目指します。

詳しく読む >>

The Use Of AI and ML for Automated Cross Vendor VNF Self Healing and Auto Scaling
当社のビデオを是非ご覧ください。

Comarch OSSリソース注文管理製品のメリット:

インテントベースのアプローチを利用します。

Comarch OSS ROM製品は、オーケストレーションにインテントベースのアプローチを使用します。オーケストレーションでは、単純な要求によって複雑なトポロジが作成されます。

従業員が重要なタスクに集中できるようにします。

ROM自動化により、貴重な人的資源が反復的なタスクから解放され、ネットワークの最新化と保守に必要な労力が軽減されます。

市場投入までの時間を短縮します。

リソース注文管理のモデル駆動型の再利用可能な要素により、市場投入までの時間が短縮されます。

簡単な実装を選択します。

当社のROM製品は、お客様の既存のソフトウェアスタックにシームレスに収まり、簡単に展開できるツールです。

    リソース
    The Successful Rollout of 5G Base Stations with Comarch OSS
    当社のビデオを是非ご覧ください。

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。