Self-Organizing Network

過去5年間で、モバイル データのトラフィック量は18倍以上に増えましたが、モバイル サービスは、モバイル ブロードバンドから大量の「もののインターネット(IoT)」の登場、またミッションクリティカルな「もののインターネット(IoT)」など、多様化を増しています。こうしたサービスを提供するため、MNOは絶えずLTEネットワークに投資し、現在のキャパシティを増やしつつ、将来的な5Gの展開にも注意を向けていかなければなりません。そのため、ネットワークの密度や煩雑性は増し、メンテナンスがより難しく、コストが高くなっています。MNOが持続可能な方法でこの問題に対処できる唯一の方法は、自己管理ネットワーク(SON)ソリューションを導入してネットワーク管理の自動化を強化することです。

Comarch Self-Organizing Network solution(Comarch SON)は、複数のベンダーやテクノロジーが混在する無線アクセス ネットワーク向けの自動設定、自己最適化、および自己回復機能を備えた一元的な自己管理ネットワーク ソリューションです。Comarch SONは、既存のOSS環境に簡単に統合でき、他のOSSアプリケーションに公表できるプラグアンドプレイ機能を備えています。

Comarch SONは、真のネットワーク自動化を実現し、モバイル ネットワーク事業者の運営費を大幅に削減、また新サービスの迅速な商品化や顧客体験の向上をサポートします。
How to Make your OSS 5G ready 
当社のビデオを是非ご覧ください。

メリット

  1. 01 顧客中心のネットワークを実現
  2. お客様は、ネットワーク品質に影響を及ぼさない品質の高いサービスを求めています。MNOは、SONアルゴリズムを利用して、複雑に変化する無線アクセス ネットワークの動きを管理し、このような期待に応えることができます。自己回復モジュールがネットワーク不具合によるサービスへの影響を最小限に抑え、自己最適化アルゴリズムが自動的に設定変更を行い、サービスの品質を向上させます。
  3. 02 インフラ投資収益率を上げる
  4. プロバイダーのネットワークは、ピーク時と通常時の両方のネットワーク負荷に対応しなければならないため、過度に多次元的な構造になっています。Comarch SONソリューションは、自己最適化アルゴリズムでネットワーク設定を自動調節し、変化する要件に合わせてリソースを最適化させます。これにより、MNOは資産の活用方法を改善し、投資から適切な利益を得ることができます。
  5. 03 無線アクセス ネットワークの管理コストを削減
  6. MNOは、お客様に信頼できるパフォーマンスの高いサービスを提供するために、無線アクセス ネットワークに関わる人や運用に大幅な投資をしなければなりません。ネットワークが日々拡大していくに伴い、管理コストは上がり続けます。これらの業務を自動化させれば、MNOはその専門性を日常業務ではなく戦略的な高収率プロジェクトに費やすことができます。
  7. 04 ネットワーク プロジェクトの商品化時間を短縮
  8. モバイル分野に新たなネットワーク リソースやサービスを展開させるには、大量の時間とマニュアル作業が必要です。SONのアルゴリズムを使った自動調節を取り入れることで、こうした作業の大部分を自動化できます。これにより、スピーディーな商品化を実現し、プロビジョニング上のミスを削減します。

顧客中心のネットワークを実現

お客様は、ネットワーク品質に影響を及ぼさない品質の高いサービスを求めています。MNOは、SONアルゴリズムを利用して、複雑に変化する無線アクセス ネットワークの動きを管理し、このような期待に応えることができます。自己回復モジュールがネットワーク不具合によるサービスへの影響を最小限に抑え、自己最適化アルゴリズムが自動的に設定変更を行い、サービスの品質を向上させます。

インフラ投資収益率を上げる

プロバイダーのネットワークは、ピーク時と通常時の両方のネットワーク負荷に対応しなければならないため、過度に多次元的な構造になっています。Comarch SONソリューションは、自己最適化アルゴリズムでネットワーク設定を自動調節し、変化する要件に合わせてリソースを最適化させます。これにより、MNOは資産の活用方法を改善し、投資から適切な利益を得ることができます。

無線アクセス ネットワークの管理コストを削減

MNOは、お客様に信頼できるパフォーマンスの高いサービスを提供するために、無線アクセス ネットワークに関わる人や運用に大幅な投資をしなければなりません。ネットワークが日々拡大していくに伴い、管理コストは上がり続けます。これらの業務を自動化させれば、MNOはその専門性を日常業務ではなく戦略的な高収率プロジェクトに費やすことができます。

ネットワーク プロジェクトの商品化時間を短縮

モバイル分野に新たなネットワーク リソースやサービスを展開させるには、大量の時間とマニュアル作業が必要です。SONのアルゴリズムを使った自動調節を取り入れることで、こうした作業の大部分を自動化できます。これにより、スピーディーな商品化を実現し、プロビジョニング上のミスを削減します。

COMARCH SONの機能

高度なCSONソリューション

Comarch SONは、高度なアルゴリズムを実行し、幅広いデータ ソースを統合して、自動的に望ましいアクションを解析、検知、実現します。

  • 自動設定:ネットワークに展開されたRANリソースを自動的に設定します。
  • 自動最適化:各種データ ソース(パフォーマンス、不具合、調査)から取得したデータに基づき、RAN設定を最適化します。
  • 自動回復:RANを修正し、ネットワーク事故の影響を最小限に抑えます。

 

OSSエコシステムの統合

Comarchは、OSSプロバイダーとして、既存のOSS環境にSONソリューションを導入および統合する方法を理解しています。

  • SONのAPIインターフェースを介して、SONソリューションを既存のOSS環境に簡単に統合し、各種ネットワーク アプリケーション全体でデータの一貫性を確保します。
  • このSONは、他のOSSアプリケーションやツールに公表できるプラグアンドプレイ機能を備え、プロビジョニング、保証、最適化プロセスをサポートします。

 

ソリューション展開の実地支援

Comarchは、無線アクセス ネットワークのためのプラニング ツールの提供に豊富な経験を持ち、MNOのネットワーク運用を向上させるために必要なものを理解しています。

  • Comarchの専門知識でMNOのソリューション導入を指導し、適切な成果が得られるように確保します。
  • Comarchは、自己管理ネットワークの難しさを理解しています。「大々的に」導入するのではなく、完全な自動化を実現する前に、ソフト展開を実施します。

 

将来性のあるソリューション

Comarchは、モバイル アクセス トランスポートなど、他のネットワーク分野にも幅広い専門知識を備え、E2Eサービスを最適化できます。新しいアルゴリズムやテクノロジーにも絶えず投資しています。

 

他のサービス

資料ダウンロード

    リソース

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。