OSS Service Desk

現代のネットワークに強く求められることは、企業の求める重要なタスクを履行できる継続的な可用性を確保することです。ところが、ネットワーク設備の複雑化が進んでいるため、障害が発生しやすくなっています。全体的なシステム依存性を改善するためには、顧客クレームに繋がる障害に対して、効率的に対処することが不可欠です。最先端のテクノロジーに基づくComarch OSS Service Desk (OSSSD) は、契約者や収益源に影響し得る問題に対処する、オペレーションセンターのエンジニアをサポートするための完全なソリューションです。IT Infrastructure Library (ITIL®) で定義される以下の3つの重要プロセスに注目し、ワークフローシステム向けに調整されています。
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理
この必須ツールは、ネットワークやサービスオペレーターが具体的なサービス品質保証に基づきインシデントを迅速に解決し、報告された問題に効率的な根本原因分析を実施すると共に、ネットワークに賢いプラニングを行い、お客様 (Customers) やビジネス契約への影響を最小限に抑えるサポートを提供します。

AI活用による標準インシデント及びプロブレム・マネジメント・プロセス

メリット

  1. 01 保証プロセスを自動化
  2. 一元管理された情報源からの情報を基に、精巧な相関ルールで統一された対応を実施し、オペレーターがマニュアル処理しなければならない障害票の数を最大90パーセント削減します。
  3. 02 業務を効率化
  4. Comarch OSS Service Deskは、柔軟な相関エンジンと独自のチェックリストメカニズムを介して、根本原因と影響の分析を最大限まで自動化します。
  5. 03 インテリジェントなイベント処理に障害票を統合
  6. 各種ソースから送られてくるイベントの総合処理プロセスに、ネットワークまたは顧客対応票を組み込みます。
  7. 04 組織的知識を蓄積
  8. 機械学習アルゴリズムが利用できる形式でシステムに運営チームの知識を組み込み、運営の効率化を図ります。

保証プロセスを自動化

一元管理された情報源からの情報を基に、精巧な相関ルールで統一された対応を実施し、オペレーターがマニュアル処理しなければならない障害票の数を最大90パーセント削減します。

業務を効率化

Comarch OSS Service Deskは、柔軟な相関エンジンと独自のチェックリストメカニズムを介して、根本原因と影響の分析を最大限まで自動化します。

インテリジェントなイベント処理に障害票を統合

各種ソースから送られてくるイベントの総合処理プロセスに、ネットワークまたは顧客対応票を組み込みます。

組織的知識を蓄積

機械学習アルゴリズムが利用できる形式でシステムに運営チームの知識を組み込み、運営の効率化を図ります。

他のサービス

ケース スタディ

  • ソリューションの包括性や煩雑性、また弊社の野心的なスケジュールを踏まえ、経験豊富で信 頼できるBSS/OSSプロバイダーを探しました。Comarchは、過去10年以上に渡り、Deutsche Telekomグループなど、様々な大手電気通信事業者の多様なプロジェクトに携わっています。その信用は、この戦略的に重要なプロジェクトのパートナーとしてComarchを選んだ大きな理由です。Comarchは、弊社の要望をきちんと理解し、両社で密接に協力してソリューションを開発しました。Comarchの動的なアプローチや、弊社の技術やビジネス上のニーズに耳を傾け、最高の結果を導くために開発内容を調節できる能力を目にし、私たちの選択が間違っていなかったことを確信しています。
     
    ngena GmbH創始者兼マネージング ディレクター 、
    マーカス・ハッケ博士(Dr. Marcus Hacke)

    資料ダウンロード

      リソース

      Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

      御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。