Netiaがネットワーク管理にComarch OSSを採用

クラクフ、20171011- ポーランド最大の電気通信事業者であるNetiaは、中央ネットワーク監視システムComarch Fault Managementを採用しました。このシステムを実装した電気通信事業者は、ネットワークの問題やサービスインシデントを迅速に検出し、即時対応することで、ネットワーク障害がお客様に与える影響を解消することができます。20176月に契約締結。

Comarch Fault Managementシステムの購入は、ネットワーク管理全般を内部委託へ変更するプロジェクトの一環として実施されます。現ソリューションは別の大手サプライヤーが提供する類似ソリューションを使用しています。Netiaは、運用の効率性とスピードを改善し、より高い顧客満足度を実現するため、ネットワークインフラを自己管理に戻すことを決定しました。

 

「昨今のお客様は非常に要望が厳しく、最高品質のサービス提供が求められます。これは、弊社のネットワークオペレーションセンターを最適化し、自分たちで運営するという決断において重要な決め手となりました。ネットワークの自己管理には、高性能の障害管理ソリューションも必要です。Comarchが提案したPoC prototype of the system:概念実証)は、競合他社のソリューションより優れており、説得力があっただけでなく、実際のデモンストレーションでもすべての要件を満たしていました。このような要素のほか、過去に実装されたBSS/OSSプロジェクトが成功しており、既にComarchを信頼していたことが、ネットワーク最適化プロジェクトでもComarchと協働しようという決定につながったのです。」

Netiaネットワークインフラメンテナンス担当取締役

Marcin Palkowski(マルシン・パルコウスキー)

 

「電気通信サービスプロバイダーを取り巻く技術的環境は常に変化しています。このため、高まる市場基準に製品を常に適合させていく必要があります。電気通信業界で長年にわたる経験を持つComarchは、提供するソフトウェアの品質を常に向上させ、新たなネットワーク管理サポートシステムを作成することで、こういった期待に応えています。このような製品の1つがNetiaにご紹介したFault Managementシステムです。Netiaの従業員の方々と共に、ソリューションの要件を明確化したうえで、ネットワーク管理最適化を実現する綿密な計画を提案しました。結果、当社のシステムはお客様から非常に良い反応をいただき、最新のFault Managementソフトウェアの実装に自信を持つことができました。」

Comarch統合保証/分析ビジネスユニット取締役

Paweł Workiewicz(パヴェウ・ヴォルケヴィッツ)

Comarchの障害管理ソリューション統合における豊富な経験により、実装は今後6カ月以内に完了する予定です。この2社が協働するのは今回が初めてではありません。新しいソリューションの運営担当者は既にComarch Field Service ManagementInterPartner Billing Systemを運用しています。

 

Netiaについて

Netiaは、包括的で使いやすいオンラインソリューションとマルチメディアエンターテインメントを、個人、企業のほか、政府関連機関にも提供しています

Netia Groupは、ポーランド最大の電気通信事業者で、ポーランド国内拠点70箇所で約2,000名の従業員を擁しています。Capital Groupは、Netia S.A.、Internetia Sp. z o.o.、Telefonia Dialog Sp. z o.o.、Petrotel Sp. z o.o.、TK Telekom Sp. z o.o.などの企業で構成されています。

Netia(当時はR.P. Telekom)は、90年代初めに、ポーランドの熱意溢れる起業家グループが電気通信市場へのアメリカ人投資家の支援を受けて設立しました。Netiaは当初、音声サービスを提供していましたが、次第にデータ送信、ブロードバンドインターネットアクセス、有料デジタルTVなどに事業を拡大していきました。

Netiaの株式は2000年以降、ワルシャワ証券取引所に上場され、その多くはポーランドの投資家(Mint of Poland、FIP 11 FIZ Fund、Nationale-Nederlanden Open-End Pension Fund、Aviva Open-End Pension Fund、“Golden Autumn” Open-End Pension Fund)が保有しています。

Netiaの光ファイバーコアネットワークは、約2万キロメートルにも及び、同グループのメトロポリタンネットワークを50都市以上で結ぶと共に、10都市以上の国際通信も個々につないでいます。Netia Groupに属するネットワーク エレメンント(建物、キャビネット、アンテナ塔など)は、3万以上から構成され、ネットワークノードは81を超えています。

Netiaはポーランド国内のクラスAおよびBのオフィスビル70%以上に対応し、250万以上の施設で同社独自のアクセスネットワークが利用されていると見られています。

Netia独自のリンクの3分の1で、既に100 Mb/s以上のスピードでデータ送信が可能です。「21世紀ネットワーク(XXI Century Network)」プロジェクトにより、2020年までにNetiaのネットワークは完全に最新化され、光ファイバーの基準を満たす予定です。

シェア

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。