Zero Touch Network Provisioning

ゼロタッチプロビジョニングとは

IoTや5Gの進化によってエッジデバイスの数が増え、素早く、そして簡単に、電気通信ネットワークに実装させる必要が生まれています。ゼロタッチプロビジョニングを導入すれば、訓練を受けた専門家によるマニュアル対応はもう必要ありません。任意のスクリプトで更新される初期設定済みのブートイメージを使うことで、電気通信ネットワークに新たに導入されたデバイスを自動的に更新することができます。

ゼロタッチプロビジョニングは、ネットワーク内で仮想ネットワーク機能 ( NFV) が大量に使われることで生まれる新たな課題を解決します。その特性上、NFVはネットワーク状況に応じて非常に激しく変化します。新たに導入される仮想機能に必要な設定を行なえるのは、電気通信事業者のためのゼロタッチプロビジョニングだけです。さらに、NFVにマイクロサービスを導入すれば、この機能の寿命はさらに縮みます。NFVネットワークでは、専門家によるマニュアル設定はもはや不可能なのです。

On the Road to Zero-touch End to end Network Design and Optimization
当社のビデオを是非ご覧ください。

特長

  1. 01 デバイス導入コストを削減
  2. お客様の現場に専門の技術者を派遣することなく、デバイスを設定することができます。これにより、デバイス導入コストが削減されるだけでなく、その後の初期設定やソフトウェアの更新、スクリプトの実行も自動化することができます。
  3. 02 サービスを迅速に提供
  4. デバイスが設置されるとネットワーク接続、自己設定を完了し、必要なサービスの提供を開始します。これにより、サービス提供までの時間を短縮できます。
  5. 03 プロセスを完全に自動化
  6. APIが適切に定義され、リソースやプロセス管理ソリューションも統合されているため、「プラン・構築・実行」のプロセスを完全に自動化することができます。NETCONFやRESTCONTを使うことで、他のシステムとの安全な接続も確保します。
  7. 04 カタログ中心のアプローチ
  8. ユースケース、ベンダー、マシン言語ごとに設定スクリプトのライブラリを作成し、そうしたライブラリから簡単にスクリプトを取得してネットワークに実装することができるため、コストが大幅に削減できます。

デバイス導入コストを削減

お客様の現場に専門の技術者を派遣することなく、デバイスを設定することができます。これにより、デバイス導入コストが削減されるだけでなく、その後の初期設定やソフトウェアの更新、スクリプトの実行も自動化することができます。

サービスを迅速に提供

デバイスが設置されるとネットワーク接続、自己設定を完了し、必要なサービスの提供を開始します。これにより、サービス提供までの時間を短縮できます。

プロセスを完全に自動化

APIが適切に定義され、リソースやプロセス管理ソリューションも統合されているため、「プラン・構築・実行」のプロセスを完全に自動化することができます。NETCONFやRESTCONTを使うことで、他のシステムとの安全な接続も確保します。

カタログ中心のアプローチ

ユースケース、ベンダー、マシン言語ごとに設定スクリプトのライブラリを作成し、そうしたライブラリから簡単にスクリプトを取得してネットワークに実装することができるため、コストが大幅に削減できます。

他のサービス

資料ダウンロード

    リソース

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。