Zero Touch Network Provisioning

Comarchゼロタッチネットワークプロビジョニング:テレコムにおける自動サービス管理のイネーブラー

IoT 5G の登場に伴うエッジデバイス数の増加には、通信ネットワーク要素の簡潔かつ迅速な実装が不可欠です。サービス管理を自動化する目的でゼロタッチプロビジョンを導入することにより、手動による動作が不要になります。テレコムネットワークに導入された新デバイスを使うことで、ブートイメージで自動更新を行い、初期設定で事前設定を行い、任意のスクリプトで更新することができます。

ゼロタッチプロビジョニングは、ネットワークで大量のNFVを使用する際に生じる課題に対するソリューションであり、OSS サービス管理の破壊的技術と言われています。仮想ネットワークは、ネットワーク状況の変化に対応するため、非常に動的な性質を有しています。テレコムのゼロタッチプロビジョニングは、新しく展開された仮装機能に個別に必要な設定を行うことができる唯一の方法です。さらにNFVにマイクロサービスを導入すると、機能のライフサイクルが短くなります。専門家の手動の設定がNFVネットワークにおいては実行不可能になります。

The Successful Rollout of 5G Base Stations with Comarch OSS
当社のビデオを是非ご覧ください。

Comarchゼロタッチネットワークプロビジョニング製品のメリット:

デバイス実装のコスト削減

実際に専門の技術者がお客様のいる場所に赴くことなくデバイス設定を行うことができます。これは、デバイスの実装コストの削減につながり、また後の初期設定、ソフトウェアの更新、スクリプトの実行を自動的に行うことができます。
 

完全なプロセス自動化

明確に定義されたAPIと、リソース及びプロセス管理の統合により、完全な「計画、構築、実行」プロセスを自動化することができます。デバイスはNETCONF とRESTCONT、又はそのうちの一つを使用して他のシステムと安全に接続することができます。

迅速なサービス提供

インストール後、デバイスはネットワークに接続し、必要なサービスを自己設定してアクティブ化するため、サービスの実装に必要な時間を短縮することができます。
 

カタログ主導のアプローチ

ユースケース、ベンダー、機械言語などの部類に分けて設定スクリプトのライブラリを作成することにより、ネットワーク実装の際、スクリプトを簡単に取得することができるため、大幅なコスト削減につながります。

テレコムゼロタッチプロビジョニングに関連するP D F資料をご参照ください。

    リソース

    ゼロタッチOSS展開にご関心をお持ちのお客様は、こちらの商品もご覧ください。

    The Use Of AI and ML for Automated Cross Vendor VNF Self Healing and Auto Scaling
    当社のビデオを是非ご覧ください。

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。