Service Catalog

Comarch Service Catalogは、暫定的なサービス ルールを確保する機能をはたしており、総合的なサービス フルフィルメントやサービス保証プロセスの自動化促進を目的としたサービス仕様管理の一元化をサポートします。

NFV/SDNテクノロジーが出現したことで、サービス カタログの重要性が一層増しました。サービス カタログを利用すれば、サービス チェーンのモデリングやオーケストレーションを行うことができます。

Comarch Service Catalogは、TMF SID規格を遵守し、顧客向けサービス (CFS) の仕様管理や、これをリソース側サービス (RFC) の仕様に当てはめて分解できるようにサポートします。これを行うことで、顧客サービスを該当の技術サービスに変換することが可能になります。特に、仮想機能に基づく技術サービスでは、分解したRFCを顧客向けサービスを開発する際の「ビルディング ブロック」として使えるようになります。

Comarch Service Catalogは、サービス インスタンスを管理するComarch Service Inventoryを統合しているため、サービス インスタンスはサービス仕様に従って作成されます。
Comarch DEMO for E2E Automated Service Provisioning
当社のビデオを是非ご覧ください。

メリット

迅速な市場化

Comarch Central Product Manager (Product Catalog) を統合しているため、ビジネスおよび技術的視点から製品を定義し、受注から入金までのプロセスを自動化することができます。

運営費の削減

サービス管理の一元化と自動化を進めることで、サービス フルフィルメントと保証プロセスの運営費を削減します。

顧客体験の向上

サービス モニタリングやサービス品質管理ルールを定義し、顧客関係管理プロセスを強化することができます。

Comarch Service Catalogでサービスルールを定義する

  • 顧客向けサービス (CFS) からリソース側サービス (RFS) へのサービス分解ルール

CFSからRFSへの分解ルールを定義することで、顧客からの注文を技術項目に分解できるようになります。

  • 依存性ルール

サービス間の依存性ルールを定義することで、サービス フルフィルメントの自動化が促進されます。

  • NFVサービス チェーン
特に、NFVサービス チェーンは、サービス間の依存性に基づきモデリングすることで、オーケストレーションを促進できます。
  • アラーム伝播ルール

RFSからCFSへの変換仕様に従って構成されるアラーム伝播ルールに基づき、ネットワーク アラームを顧客サービス影響アラームに変換することができます。

  • サービス品質
KPIやKQIの値や公式を定義すれば、Comarch SQMモジュールによってサービス品質を管理できるようになります。

サービスカタログに関連するP D F資料をご参照ください。

    リソース

    テレコムサービスカタログにご関心をお持ちのお客様は、こちらの商品もご覧ください。

    ケース スタディ

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。