Customer Experience Management

電気通信事業者の環境が煩雑化していることから、事業者が収入をアップさせるにあたり新たな問題が持ち上がっています。お客様重視は、この目標を達成させるために極めて重要な規範の1つです。ところが、顧客の振る舞いに関する貴重な情報が得られるデータ ソースの規模は絶えず膨らんでいます。ネットワーク探索、「モノのインターネット(IoT)、ビーコン、位置情報サービス、OTTサービス、そしてソーシャル ネットワークも加わりました。この情報を効果的に活用するには、マーケティング、お客様ケア、サービス運用センターに寄せられる難しい疑問にも答えられる現代型の顧客体験管理プラットフォームが必要です。Comarchの専門家が、この問題に新しい可能性を導き、皆さんの努力をサポートします。

メリット

マーケティング判断の検証と操作

Comarch Customer Experience Managementがマーケティング関連情報を提供することで、サービスのパッケージングやマーケティング キャンペーンについて賢い判断を促し、収益アップに繋げます。

オファーのパーソナライズ

各種データ ソースから抽出したデータを基に、顧客の振る舞いに対する理解を深め、積極的にそのニーズを満たします。その結果、顧客満足度や顧客ロイヤルティの向上、またサービス乗り換え率の削減に繋がります。

ネットワーク投資の最適化

顧客の振る舞いと顧客関連問題を把握することで、効率的にネットワーク投資を計画し、最高の収益分野(ホットスポット)の事業が停止することがないように確保します。この方法で、優先度の低い分野への過剰投資を防ぎます。

積極的な顧客ケア

ネットワークに潜む顧客体験上の問題を監視し、クレームに発展する前に、顧客サービス担当者が問題を検知して積極的にお客様に連絡できるようにします。サービス復旧プロセスの詳細が取得できれば、顧客体験は大幅に改善されるかもしれません。

主な機能

効率的な解析でテラバイト単位のデータ処理に対応

解析エンジンは、日常的にテラバイト単位のデータを処理しています。このサイズはペタバイトまで拡張できます。柔軟なアーキテクチャにより、頻度や緊急度に基づき、レポート生成にリアルタイム、ほぼリアルタイム、または事後を指定することで、リソースの効率的な使用を確保します。

包括的な可視化

このソリューションは、ダッシュボードの柔軟性に加え、データ サイエンティストによって簡単に調節可能であるため、大多数の重要な用途(ローミング監視、顧客向けにカスタマイズされたVIP管理など)に特化した数多くの特殊ダッシュボードを提供することができます。

お客様への影響の分析

不具合管理とパフォーマンス管理の機能を組み合わせることで、貴社サービスに対するお客様の見解を把握することができます。顧客体験管理に信頼できるツールを利用し、ネットワーク問題が顧客サービスに与える影響を予測できる機能によって、アプリケーション監視やブラックボックス化された顧客サービス探索を自動的に調節します。

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

「MTCは、最高の顧客体験を実現するという究極の目標に基づき、Comarchのソリューションでネットワーク中心型から顧客中心型のOSSエコシステムへ転換できると信じています。」 

MTCバイス プレジデント兼最高技術責任者(CTO)

アンドレ―・ウシャツキー(Andrey Ushatsky)

ケース スタディをダウンロード >>

Related Materials

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。