OSS/BSS Data Analytics

近年、電気通信事業者は、特定のネットワークテクノロジーを中心としたネットワークオペレーションセンター (NOC) から総合的なサービスを中心としたサービスオペレーションセンター (SOC) へと転換を図っています。ところが、適切にSOCを導入した後でさえ、電気通信事業におけるIT環境が個別のテクノロジーを中心にサイロ化されていることが珍しくありません。このため、利用中のすべてのサービスについて、包括的に顧客体験をモニタリングすることが不可能になっています。また、たとえ極めて複雑なサービスバンドルでも、お客様からすれば特定事業者からの1つのサービスに過ぎないため、バンドル化されたサービスのいずれかの部分で不具合が生じた場合、パッケージ全体の評価へ影響を及ぼすことになります。

ビッグデータ分析を搭載したComarch OSS/BSS Data Analyticsが、これらの問題を解消します。電気通信ネットワーク(電気通信事業者にとって重要なお客様タッチポイント)から生成されたデータをリアルタイムで処理し、それを外部システム {パフォーマンス管理 (Performance Management)、障害管理 (Fault Management)、ネットワークインベントリ (Network Inventory)、顧客関係管理 (CRM) など} の情報と組み合わせて集約します。Comarch OSS/BSS Data Analyticsは、あらゆる情報源からのデータを相関処理することで包括的にリアルタイム分析を実施し、提供するサービスに対するお客様の評価ついて貴重なインサイトを提供します。集約されたデータに基づき、ツールが特定の対応を提案し、その対応を自動的に実行させることも可能です。また、Comarch OSS/BSS Data Analyticsは、数多くの電気通信事業者のための顧客体験やデータ収益化のユースケースにも対応しています。

Comarch OSS/BSS Data Analyticsは、ネットワークが提供する特定サービスを使用しているお客様の体験をリアルタイムで分析するので、電気通信事業者は全体的なネットプロモータースコア (NPS) や顧客満足度 (CSAT) を効果的に向上させることができます。

Predictive Maintenance as the first step towards Intelligent Assurance
当社のビデオを是非ご覧ください。

特長

  1. 01 データが業務をサポート
  2. ビッグデータを統合、処理し、そこから得られる価値を業務プロセスの向上に役立てます。
  3. 02 新たな収益源を確保
  4. 電気通信事業におけるデータ収益化を中心としたOSS/BSSデータ分析のユースケースを実現します。
  5. 03 業務を効率化
  6. 業務の効率化を重視したOSS/BSSデータ分析のユースケースを導入します。
  7. 04 顧客満足度を向上
  8. 顧客満足度の向上を重視したOSS/BSSデータ分析のユースケースを導入します。

データが業務をサポート

ビッグデータを統合、処理し、そこから得られる価値を業務プロセスの向上に役立てます。

新たな収益源を確保

電気通信事業におけるデータ収益化を中心としたOSS/BSSデータ分析のユースケースを実現します。

業務を効率化

業務の効率化を重視したOSS/BSSデータ分析のユースケースを導入します。

顧客満足度を向上

顧客満足度の向上を重視したOSS/BSSデータ分析のユースケースを導入します。
Comarch データ・アナリティクス – 選択されたユースケース

他のサービス

ケース スタディ

  • MTCは、最高の顧客体験を実現するという究極の目標に基づき、Comarchのソリューションでネットワーク中心型から顧客中心型のOSSエコシステムへ転換できると信じています。
     
    MTCバイス プレジデント兼最高技術責任者(CTO)
    アンドレ―・ウシャツキー(Andrey Ushatsky)

    資料ダウンロード

      リソース

      Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

      御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。