Self Care

現代のお客様は、電気通信サービスに対する意識が非常に高く、このサービスにAmazonで買い物をしたり、AirBnBでホテル予約を管理する場合と同等レベルの品質や手軽さを求めています。電気通信プロバイダーとの取引には、任意のチャンネルを利用できることを期待しています。多くのお客様が、現代のモバイル世界でオムニチャンネル化を望んでいることは間違いありません。

Comarch Self Careによって、お客様はモバイル デバイスやデスクトップのウェブサイトからアプリへアクセスできるようになるため、Comarch Omni-Experienceスイートでは、このソリューションが極めて重要な役割を果たしています。Comarch Self Careには主なソーシャル メディア プラットフォームが統合され、24時間体制でお客様に電気事業特有のサービスを提供します。この包括的なシステムにより、お客様は支払履歴の確認や分析、アカウント情報のチェック、サービスの加入と解除、また事務局とのスムーズで柔軟な通信が可能になります。

メリット

真のオムニチャンネル体験を実現

常にインターネットに接続された最も便利なエンゲージメント チャンネルをお客様に選んでいただくことで、お客様満足度を向上させます。お客様がデスクトップとモバイル デバイスのどちらを利用していても、該当のチャンネルや作業に常に適した体験を確保します。Comarch Omni-Experienceスイートを利用すれば、お客様はいつでもセルフケアから、コールセンターや販売店などの別のチャンネルに切り替えられ、一度提供した情報を何度も提示する必要もありません。

お客様サービス コストの削減

お客様サービスへの問い合わせ数を減らし、お客様管理業務の大部分をクライアント側に移動させることで、お客様サービス チームの負荷を軽減します。

マーケティングと営業の強化

新サービスやプロモーションの宣伝に非侵入型のダイレクトマーケティング プラットフォームを利用することで、貴社のマーケティング活動を強化します。対象を絞り、そのユーザーに適合されたオファーを直接そのモバイル デバイスやデスクトップに配信できるため、新規発注数の増加につながります。

お客様を貴社ブランドのファンに

ソーシャル メディア チャンネル(FacebookやGoogleなど)でお客様と繋がり、報酬システムなどを利用することで、貴社サービスを使ったお客様の体験を共有することができます。コミュニケーションの際は、お客様自身のソーシャル メディアIDが使用可能です。

お客様の支払情報管理能力を強化

お客様に、オンラインのインボイス閲覧、オンラインのチャージや支払い、決済履歴の閲覧、支払証明書の閲覧、特定作業中のシステム言語の選択などの機能を提供します。

販売と障害対応の簡素化

お客様に、新サービスや製品情報への簡単アクセス、サービスの加入と解除、または便利で簡単な問題報告機能などを提供します。電気通信サービスに特化したウィザードで、お客様の購入や問題解決プロセスをガイドします。

本製品が使われているソリューションの例:

ケース スタディ

「KPNの旧BSSシステム部分には、大量のマニュアル作業が必要でした。最終的に統合型ソリューションを新規購入する判断が下された時、弊社の要件に完璧に適合していたのがComarchでした。」

 

KPN Managed Mobile Solutions ITと運営担当ディレクター 

セース・ヴァースティーグ(Cees Versteeg)

ケース スタディをダウンロード >>

関連資料

Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。