Service Monitoring

業務プロセスに人工知能を取り入れることで、新しい機会が生まれます。どんなに高度なネットワークでも、サービス品質をモニタリングすることで顧客向けサービス、リソース向けサービス、リソース間の関係性について極めて重要なデータを取得できるだけでなく、そのデータをAIに知識としてインプットしAIの能力と正確性を向上させれば、更なる価値を得ることができます。Comarch Service Monitoringによって、さまざまなネットワークテクノロジーや管理領域に及ぶサービスをモニタリングすることが可能になります。障害管理、サービス品質管理、パフォーマンス管理など、各種システムのイベントがComarch Service Monitoringで相関処理され、サービスの影響分析が行われます。その結果は、サービスツリー上に図表として表示されるため、オペレーターはいつでも現時点の状況について、迅速にインサイトを得ることができます。

市場に出回っている他のサービスモニタリングシステムとは異なり、このComarch製品は上位ソリューションであるComarch Integrated Assuranceファミリーの一部で、既に統合されています。同じソフトウェアプラットフォーム上でComarch Fault ManagementComarch Service Quality Managementモジュールを統合すれば、同様の外観と印象を維持した「single pane of glass(一括管理)」モデルによる真の一元イベント処理を実現できます。

このプラットフォームを使えば、貴社のネットワーク (Network) やサービスオペレーションセンターのパフォーマンスを以下の機能により向上することができます。

関係性(必須、オプション、フェイルオーバー、重視、M中のN、これらが組み合わされたもの)を柔軟に利用して構築された柔軟なサービスモデルに基づき、迅速に影響分析を行います。

根本原因に対するアラームやオブジェクトの下位ツリーから発生したあらゆるアラームに、ワンクリックで移動できます。

共通のGUIウィンドウ内で、他の関連情報(オブジェクト関連の障害票、サービス停止、アラーム履歴)にワンクリックで移動できます。

オブジェクトに影響するイベントが発生した場合は、第三者製システムで自動的に障害票を作成、更新、クローズします。

How Telecoms Can Become Pro-Active in Managing Customer Experience
当社のビデオを是非ご覧ください。

特長

  1. 01 あらゆるネットワークに導入されたサービスをモニタリング
  2. さまざまな異種ベンダーやドメインが混在するネットワーク、各種パートナーが提供するサービス配信プラットフォーム上のサービスを管理することは、本当に大変な作業です。Comarch Service Monitoringなら複雑なバリューチェーンを通して提供されるデジタルサービスの品質を簡単にモニタリング、管理できます。
  3. 02 お客様サービスの劣化を未然に抑制
  4. Comarch Service Monitoringは、サービス品質の低下からお客様を保護します。このような事前の保護は、傾向分析や予知機能によって実現します。サービス品質管理ソリューションを統合済みのため、サービス品質の閾値超過アラームを使うことで、お客様側でインシデントが発生する前に警戒レベルを引き上げることができます。
  5. 03 お客様やビジネスへの影響に基づき優先順位を設定
  6. Comarchの品質メトリクスは、各種サービスがネットワークに導入される形態やネットワークパフォーマンス要件を考慮します。共通のネットワーク重要業績評価指数 (KPI) を使ってサービスごとに異なる調整を行うことで、最終的には顧客体験にも反映される可能性があります。
  7. 04 影響分析の自動化と根本原因分析の強化により、迅速な対応を実現
  8. サービスに影響を及ぼすイベントの調査を通して、影響分析の自動化と根本原因分析の向上を図ることで、顧客インシデントをより迅速に解決します。
  9. 05 業務を効率化
  10. Comarch Service Monitoringを導入することで、全体的なモニタリングをコントロール下に置いたまま数多くの作業を自動化することが可能になり、ネットワークオペレーションセンター(NOC) の業務を強化することができます。これには、ネットワークがAIの導入をいつでも受け入れられるという付加価値があります。

あらゆるネットワークに導入されたサービスをモニタリング

さまざまな異種ベンダーやドメインが混在するネットワーク、各種パートナーが提供するサービス配信プラットフォーム上のサービスを管理することは、本当に大変な作業です。Comarch Service Monitoringなら複雑なバリューチェーンを通して提供されるデジタルサービスの品質を簡単にモニタリング、管理できます。

お客様サービスの劣化を未然に抑制

Comarch Service Monitoringは、サービス品質の低下からお客様を保護します。このような事前の保護は、傾向分析や予知機能によって実現します。サービス品質管理ソリューションを統合済みのため、サービス品質の閾値超過アラームを使うことで、お客様側でインシデントが発生する前に警戒レベルを引き上げることができます。

お客様やビジネスへの影響に基づき優先順位を設定

Comarchの品質メトリクスは、各種サービスがネットワークに導入される形態やネットワークパフォーマンス要件を考慮します。共通のネットワーク重要業績評価指数 (KPI) を使ってサービスごとに異なる調整を行うことで、最終的には顧客体験にも反映される可能性があります。

影響分析の自動化と根本原因分析の強化により、迅速な対応を実現

サービスに影響を及ぼすイベントの調査を通して、影響分析の自動化と根本原因分析の向上を図ることで、顧客インシデントをより迅速に解決します。

業務を効率化

Comarch Service Monitoringを導入することで、全体的なモニタリングをコントロール下に置いたまま数多くの作業を自動化することが可能になり、ネットワークオペレーションセンター(NOC) の業務を強化することができます。これには、ネットワークがAIの導入をいつでも受け入れられるという付加価値があります。
OTTサービス監視プロトタイプ

他のサービス

ケース スタディ

  • MTCは、最高の顧客体験を実現するという究極の目標に基づき、Comarchのソリューションでネットワーク中心型から顧客中心型のOSSエコシステムへ転換できると信じています。
     
    MTCバイス プレジデント兼最高技術責任者(CTO)
    アンドレ―・ウシャツキー(Andrey Ushatsky)

    資料ダウンロード

      リソース

      Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

      御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。