Service Quality Management

Comarch Service Quality Management (SQM) は、従来のネットワーク中心の電気通信モニタリングシステムをお客様中心の電気通信サービス品質管理へと変換します。電気通信サービスの品質に対するお客様の視点から得られるインサイトにより、顧客体験に予測される影響に基づき、ネットワークパフォーマンス管理の優先度を設定することが可能になります。Comarch Service Quality Managementの傾向分析や予知保全機能によってお客様側のサービス問題を防ぎ、電気通信サービス品質を積極的に管理できるようサポートします。

デジタル時代に突入し、電気通信サービスの幅と品質に対するお客様の期待値が上がりました。従来のネットワークや顧客サービス品質管理では、もはやお客様を満足させることができません。今やサービス品質を積極的に管理し、お客様側で問題が発生する前に阻止する必要があるのです。
How Telecoms Can Become Pro-Active in Managing Customer Experience
当社のビデオを是非ご覧ください。

メリット

サービスを包括的に確認

定義したサービスモデルを組み込み、お客様、サービス、ネットワーク間の相互依存性をモニタリングします。

予知保全による事前対応を実現

機械学習アルゴリズムを利用し、自動的に基準値を定義して、異常を検知します。

KQを組み込んだインテリジェントなイベント処理

各種ソースから送られてくるイベントの総合処理プロセスに、Comarch Service Quality Managementが生成する閾値超過イベントを組み込みます。

5GおよびIoTサービスをモニタリング

Comarch Service Quality Managementは、5GIoTテクノロジーで実現される新しいサービスを効率的にモニタリングするための前提条件の1つです。
Comarchサービス・クオリティ・マネジメント – 概要

資料ダウンロード

    リソース

    他のサービス

    ケース スタディ

    Optimizing Long-term Costs by Introducing Pervasive AI
    当社のビデオを是非ご覧ください。

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。