Telecom B2B Self-enablement Platform

企業のお客様は、あらゆるCSPの関心を集めています。企業顧客の要望に特別に対応することは、各CSPの年次収益に影響するほど重要です。Comarchのソリューションは、複数のサービスを統合した専用オファーを個別価格で提供する、数百または数千件のサービスを一括注文する、多面的なセルフサービスポータルへのアクセスを提供するなどの方法により、お客様企業が求めるパーソナライズされた体験や管理をサポートします。こうした企業の大多数にとって、通信や協業プラットフォームの設定・管理は主な事業内容ではありません。むしろ社員が期待される結果を出せるように、CSPが場所や時間を問わずに使用できる効率的なツールを備えたプラットフォームを提供してくれることを期待しています。

Comarch Telecom Digital B2B Platformソリューションにより、CSPはモバイル・固定通話、データ、VPNなどあらゆる電気通信サービスを企業に提供することが可能になります。これらのサービスは、共通のプロダクトカタログ内での通信、セキュリティ、クラウドソリューションと一緒にバンドリングできるため、CPSは現代企業のニーズに応え、シームレスに新サービスを導入できる受注管理プロセスを推進することが可能になります。

電気通信事業者のためのB2Bプラットフォームは、お客様が受注、案件、料金に関連するデータや統計を確認できるよう、共通かつ完全な包括型データを表示します。極めて複雑な組織構造を持つ企業でも簡単に管理を行い、状況に応じて詳細なレポートにアクセスしたり、サービスのリアルタイム制御や分割請求への対応が可能になります。ロールに基づき企業内の様々な管理レベルからセルフサービスポータルにアクセスできるため、該当部署に管理責務を割り当てることが容易になります。注文、案件、ユーザー管理などあらゆるプラットフォーム機能にオムニチャネル化を実現することで、アシスト付き・なしに関わらず、いつでも様々なチャネルから一貫したお客様体験を確保することができるのです。
Applying an Omnichannel Strategy in Telecommunications
当社のビデオを是非ご覧ください。

特長

お客様による複雑な構造や複数ロールの管理を可能

企業の分割請求に対応でき(例えば社員と雇用主の間でコストを分割するなど)、柔軟なルールやダッシュボードを組み合わせることで、リアルタイムのサブスクリプションコスト管理が可能になります。

オムニチャネル化

従来型チャネルと現代型デジタルチャネルの両方に関して、利用者、注文、案件、料金について、あらゆる視点のデータを共通の場所で確認・管理することができます。
 

高度レポート機能

高度なビジネスインテリジェンスソリューション、各種既製ダッシュボード、臨時レポート機能などを利用して、企業が求める正確な情報を提供します。

モデル中心のアプローチ

新製品やサービスの迅速な導入、再利用やバンドリング、テスト、および市場ニーズの把握などの取り組みがこれまでになく簡単に実現できるようになります。

資料ダウンロード

    リソース

    他のサービス

    ケース スタディ

    Comarchにご関心をお持ちいただけましたか?製品選びにサポートをご希望ですか?

    御社のビジネス要件をお知らせください。Comarchが最適なソリューションをご提案します。