バンキングへのRPA導入で、KYCを大幅に合理化

厳密な規制や要件が次々と課されるなか、顧客確認(Know Your Customer=KYC)プロセスは複雑化の一途をたどっています。銀行その他の金融機関においては、これまで以上に有能な職員が求められ、タスクや手続きも段違いに複雑化し、多大な時間と経営資源が割かれることになります。

ロボットによる業務自動化(RPA)をバンキングに導入して、AML/KYCデューデリジェンス手順を大幅に合理化
データ収集・入力の自動化により、金融機関におけるデューデリジェンス作業を合理化
人が持つポテンシャルを、時間と手間のかかるタスクから解き放つ

Comarch RPA for KYCがお役に立てること

Comarch KYCは、銀行その他の金融機関に特化して設計された、ロボットによる業務自動化(RPA)ソフトウェアです。データ収集・入力能力を強化することで、人海戦術頼みの、反復が多くヒューマンエラーの原因になりがちな、資金洗浄防止のための顧客確認作業を最適化します。システムは自動処理を使って、外部や内部の様々な情報源からデータを導き出し、資金洗浄防止のための顧客確認作業に関する法規制で定められた要求事項に即した形で、いつでも分析を実行できるよう、使い勝手のよいレポートに即座に変換します。ロボットによる業務自動化をバンキングに導入することで、手作業を削減し、「最も重要なタスク=正確かつオンタイムの顧客リスク評価」に集中できる状態を実現できます。資金洗浄防止のための顧客確認作業を自動化して、高度なリスク評価がもたらすメリットを享受しませんか?

バンキングへのRPA導入により、顧客審査のクオリティと速度が向上
銀行の顧客確認業務は通常、多くのステークホルダーによる協力のもとで行われています。金融機関の顧客に関する効率的なリスクアセスメントを実現するには、オンデマンド型の高度なデータ集約能力が必要不可欠です。リスク評価のクオリティを落とすことなく、新規顧客に関する迅速なデータ収集や、定期的に審査を行うことが、精度を高め、営業成績を向上させる最善手となります。顧客のリスク評価に関する正確な情報と示唆に富んだ分析という土台の上に、コンプライアンスチームや顧客窓口(RM)部門などのビジネスパートナーとの間に、専門的かつ盤石の関係を構築しましょう。チームのパフォーマンスをさらに上のレベルに引き上げ、審査精度と配信スピードを向上させましょう。顧客との関係にプラスの影響をもたらすために ― バンキングにRPAを導入して合格回答までの待ち時間を短縮し、顧客からの評価向上につなげましょう。
非効率なトランザクション監視が悩みの種なら、解決策はあります。AIベースの不正行為検出ソフトウェアをお試しください。

Comarch RPA for KYCがバンキングにもたらすメリット

データ集約

  • 複数の情報源を目視で確認する作業が不要に
  • 様々なシステムやデータベースから、自動で情報を収集
  • AML/KYCアナリストの作業負荷を軽減、分析に集中できる環境を提供

複数のデータ供給源

  • 内部システム、インターネット、商用データベース、その他
  • 自動でキャプチャーしたスクリーンショットに、情報源へのリンクを添えて提供

メディアチェック

  • ウェブ上に流布するネガティブなニュースを、自動でスクリーニング(例:資金洗浄、薬物取引、人身売買、脱税、贈収賄)
  • 貴重な示唆を提供して、誤判定分析プロセスの所要時間を短縮

透明性の高いレポート

  • 徹底的な分析結果を、使い勝手のよいフォーマットで提供
  • レポートの記載情報はすべて、企業データ、業務の性質、財務情報、ネガティブなニュース、取引先などのセクションごとに分類

Comarch RPA for KYCを導入する理由

業務を効率化
バンキングへのRPA導入により、作業負荷を最適化、ヒューマンエラーを削減、顧客の新規・定期審査の所要時間を短縮
データ収集を強化
ロボットによる業務自動化をバンキングに導入することで、指定したシステムや外部データベースからの情報収集が、AML/KYCデューデリジェンス手順書に100%従う形で自動実行可能に
離職率を低減
反復の多いタスクを削減。KYCアナリストがリスク・エクスポージャー水準評価に集中できる環境を整え、フルタイム当量(FTE)を一定レベルに維持
フレキシブルに統合可能
財務機関内部システムの統合において当社が長年培った経験を、存分にご活用ください

お客様事例

もしご興味をお持ちいただけましたら、是非貴社のビジネスニーズをお聞かせください。

Comarchの専門家が貴社のニーズに最適なソリューション選びをサポートします。