Comarchグループのe-ヘルス部門におけるeサービスソリューション 
開発の経験

 

Comarchグループのヘルスケア部門では、数年前から、高度な遠隔ケアサービスや遠隔医療ソリューションに加え、患者の健康監視サービスを展開しています。これらのサービスは、遠隔医療ケアセンターをベースに、資格を持った医療従事者によって提供されています。

遠隔ケアサービスの目標

  • 健康安全性の向上:転倒の監視、薬の服用の監視
  • 後天性疾患と慢性疾患に特に重点を置いた、高齢者の健康状態の遠隔管理と継続的な監視
  • 依存している方の安心感の向上
  • 電話やビデオでの相談の可能性により、医療支援へのアクセスが容易
  • 高齢者の健康状態や病歴にアクセスできることで、医師のワークフローが改善され、効果的なケアや健康状態の悪化の防止が可能

 

サービスの対象者

  • 介護を必要とする障害者や慢性疾患者
  • 入院後の方、回復期にある方、頻繁な検査や管理が必要な方
  • 診断時に監視が必要な健康障害と診断された方
  • 社会福祉センターの病人等
  • 民間の介護施設や老人ホームの入居者
  • 家族と同居している高齢者や一人暮らしの高齢者で、安心感や自立心を高めたいと考えている方
  • 活発的な高齢者:日中活動センターでのプログラムの参加者
  • 医療施設から遠く離れた人口の少ない地域に住む方

該当ユーザ

Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

 

医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

ビデオ資料

    ダウンロード

      全ての資料を確認