遠隔医療

遠隔医療とは、病院の外で患者の健康状態を常時把握し、予防・管理のための検査を行う遠隔からのサービスです。このようなケアを可能にするのは、バイタルパラメーターを記録する携帯型医療機器です。検査結果は遠隔医療センターに送信され、自動的に分析されます。異常が検出された場合、医療スタッフは患者に連絡を取り、生命や健康を脅かす状況では、救急隊に連絡を取ります。

遠隔医療の応用例

  • 診断
  • 循環器内科
  • 高齢者介護
  • 呼吸器科

Diagnostic Pointとは、オフィスビルや空港、保険会社等、医療機関以外の場所で患者が遠隔検査を受けられる測定器を備えたステーションです。 測定は患者自身が行い、遠隔医療プラットフォームを介して医師が評価します。

また、Diagnostic Pointには持ち運び型もあります。これは、専用のケースに入れられた測定器と専用ソフトのセットです。この形は、固定型用のスペースを整理できない航空機内等に最適です。

 

詳細 

頻脈、徐脈、心室頻脈、心室細動、心房粗動等の心臓の異常を検出することができます。病院以外の環境でも長期的な検査が可能です。また、入院中の患者のケアや、自宅でのリハビリテーションの過程を監視するためにも使用されます。

 

詳細

遠隔高齢者介護は、医療従事者や専門医に高齢者の健康について相談することができます。最も重要なバイタルサインの検査は、患者本人、介護者、医療スタッフが行うことができます。送られてきた結果をもとに、主治医が遠隔で患者に相談したり、訪問診療を指示したり、救急車を呼んだりすることができます。

Comarch WristBandのような遠隔ケア機器は、高齢者や障碍者、慢性疾患の方を対象としており、指定された電話番号や遠隔医療センターへの即時連絡、脈拍測定、ユーザの位置情報の確認が可能です。

 

詳細

喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)等の患者を監視することができる遠隔肺医療。肺活量、血中酸素飽和度、最大瞬間呼気速度を定期的に測定し、専門医によるフォローアップを行うことで、患者の生活の安全性と快適性が高まります。

 

遠隔医療サービスは、診断をサポートし、治療を補完し、専門家と継続的に連絡を取ることで、治療の効果と患者の安心感を高めます。このようなサービスは、プライマリ・ケアを補完するもので、医療価値が証明されており、患者と医師のコミュニケーションをサポートします。

 

遠隔医療の利点

  • 患者
  • 医療施設
  • 入院期間の最小化

    入院待ち時間の短縮、入院期間の最短化

  • 専門医により遠隔監視

    専門医が常に遠隔監視を行い、自宅で治療を継続できます

  • 快適さと安心感

    医療関係者との迅速な連絡による快適性と安心感

  • 人命に関わる事態への対応時間の短縮

    患者の状態を監視し、助けを呼ぶことができるため、生命や健康に関わる脅威への対応時間を短縮できます

  • 治療効果の向上

    治療期間に応じた効果の向上

  • 自身の医療データへのアクセス

    自分の医療データへのアクセスをより簡単に、より安全に行うことができます。

    • 入院期間の短縮

      入院期間の短縮、より多くの患者に同時に対応できます

    • 医療スタッフの負担を軽減

      遠隔医療センターによる患者への医療サービスの初段階を引き継ぎ、医療スタッフの負担を軽減します

    • 患者数の増加

      薬物療法の遠隔監視、バイタルパラメータの変化の傾向と動態の観察により、医療勧告を遵守する患者数の増加

    • 治療効率の向上

      遠隔医療機器による長期的な患者診断が可能となり、治療効率が向上

    • 患者の医療データへのアクセス

      患者の病歴データに快適かつ明確にアクセスできます

    • 医療機関のイメージアップ

      革新的な遠隔医療サービスの導入による、医療機関の評判やイメージの向上

      協力モデル

      遠隔医療の実施モデルとその機能範囲は、特定の契約者のニーズに合わせています。提供サービスの特殊性に応じて、様々なバリエーションを適用することが可能です。tów:

      Comarch e-Careプラットフォーム

      クラウドプラットフォーム「Comarch e-Care」を利用して、患者の健康状態を常時監視することで、遠隔医療サービスが可能になります。e-Careプラットフォームは、システム、アプリ、測定器等から医療データを受け取り、処理します。大量の情報を迅速に分析し、相関関係や異常を特定するために、人工知能(AI)が使われます。AIと開発された手順を組み合わせることで、医療スタッフが効果的なケアを提供することができます。

       

      Comarch Healthcareは、医療機器の品質管理システムISO 13485を導入し、認証を受けています。 Comarch e-Careプラットフォームは、指令93/42/EECに基づいて認証されたクラスIIaの医療機器です。

       

      詳細 

      „「Comarch e-Care遠隔医療プラットフォームは、単なるIT製品ではなく、何よりも医療用ツールの製造に求められる高い要件と基準を満たした認定医療機器です。このソリューションの背景にある指針は、ヘルスケアサービスを提供するための新たなチャネルを創出し、治療プロセスや患者と医師の間のコミュニケーションを改善することです」。

        

      Bartosz Pampuch、Comarch Healthcareの経営委員会副委員長

      Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

       

      医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

      ビデオ資料

        ダウンロード

          全ての資料を確認