遠隔心臓病治療

遠隔心臓病治療では、携帯型の心電図信号記録装置を用いて、継続的な心臓監視を行います。内蔵された検出アルゴリズムにより、患者の心拍数の異常を検出します。心電図の関連部分は遠隔医療センターに送信され、詳細な解析が行われます。

患者の生命や健康を脅かすような異常が確認された場合、救急隊員は詳細な病歴を聴取しながら、適切な行動をとります。患者を遠隔地からの医療相談に紹介したり、当直医と具体的なケースを相談したり、生命や健康を脅かす状況では救急車を呼んだりすることもあります。患者が体調不良を感じた場合、遠隔医療センターからの連絡依頼を生成することができます。

 

患者

  • 心拍障害の診断
  • 自宅環境での治療継続の可能性
  • 医療関係者との簡単で迅速な連絡の可能性による安心感の向上
  • 心拍障害の検出と医療従事者への自動通知 
  • 生命や健康への脅威に対する対応時間の短縮
  • 検査の快適性と利便性

医療施設

  • 入院期間の短縮、入院期間の延長による費用の削減
  • 病院外でも患者の状態を観察し、医療上のアドバイス・指示・推奨事項を提供
  • 病院の医療スタッフの負担を軽減
  • 治療効率の向上
  • 患者の医療データ(診断、検査結果、処方薬)への迅速なアクセス
  • 医療機関の評判やイメージの向上

使用事例

遠隔心臓病治療のサービスは、紹介された医師の指示に従って提供されます。各検査の前には、医療スタッフが患者との詳細な循環器病歴を聴取し、基準心電図を行います。これにより、患者ごとに個別の検知閾値を設定し、遠隔地のケアセンターに自動的に通知することができます。そのため、監視されている患者は匿名ではなく、収集されたデータによって最良の医療を提供することができます。

 

  • 心臓の遠隔監視
  • 監視機能付き心電図ホルター
  • 遠隔の心電図(ご希望の場合)
  • イベントホルター

心臓の遠隔監視

任意の時間間隔で心拍数を登録することができます。患者は、専門医の管理下にありながら、いつ、どのくらいの期間、心臓遠隔監視検査を行いたいかを決定します。この検査は、24時間体制で行うこともできますし、日中の選択した活動(リハビリや散歩等)の間に行うこともできますし、不快感や不安感、ストレスが高まっている時にも行うことができます。

遠隔医療センターに送信されたデータは、継続的に分析されます。生命や健康を脅かすような障害が発生した場合には、行動計画や利用可能な手順に従って、患者に連絡を取ります。検査後、患者はさらなる治療のための推奨事項を含む遠隔監視レポートを受け取ります。

 

 

監視機能付き心電図ホルター

24時間体制で心拍数を記録(7リード線)。パワーモジュールとデータモジュールを交換して使用することで、記録を途切れさせることなく、長期間にわたって検査を行うことができます。また、データの記録だけでなく、自動的に検出された異常の情報をリモートケアセンターに送信し、適切な処置を行います。

 

 

 

 

遠隔の心電図(ご希望の場合)

いつでもどこでも安静時心電図(7リード線)を行うことができます。患者は医師の指示に従って検査を行うことができます。例えば、決まった時間に検査を行ったり、心臓の症状が発生した時に検査を行ったりすることができます。患者自身が検査を行い、その結果はすぐに遠隔ケアセンターに送信され、そこで説明されます。また、緊急時には電話での連絡も可能です。

本モードで行った心電図は、患者のグループに対しても行うことができます。

 

 

 

 

イベントホルター 

イベントホルターは、特定の症状に関連した心電図の小さな一部を繰り返し記録するものです。この方法では、動悸、動揺、失神、痛み等、患者が感じる不快感の原因を特定することができます。具体的な症状が現れた時には、記録装置を胸に当てて心拍数を監視します。 この方法では、断片的な24時間ホルター記録では見られないことが多い症状の原因を特定することができます。それぞれの記録は遠隔医療センターに送信され、解釈が行われます。

 

最も一般的な心臓の異常をリアルタイムで検出可能性。

該当ユーザ

協力モデル

各選択肢の契約者は、自分で患者を監視することも、クラクフのiMed24メディカルセンターで運営されている遠隔医療センターの専門家の監視下に直接置くこともできます。

遠隔心臓病治療の実施モデルとその機能範囲は、特定の契約者のニーズと規模に合わせています。ビジネスの特殊性に応じて、様々なバリエーションを適用することが可能です。

 
「ITシステムの最大の利点は、送信されたデータのスピード、その可用性、アーカイブの容易さ、必要な時に検索できることです。患者にとっては、診断の迅速化、治療の短縮、入院期間の短縮、外来や病院のアーカイブに保存されている医療情報へのアクセスが容易になる等のメリットがあります。」
 
Jacek Wójcik(エルブロング専門病院、治療担当副院長 )
 

Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

 

医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

ビデオ資料

    ダウンロード

      全ての資料を確認