遠隔高齢者介護

遠隔高齢者介護では、救急隊員が患者の基本的なバイタルサインを継続的に監視するとともに、主治医、理学療法士、栄養士、心理士、または専門医に高齢者の健康状態を相談することができます。検査は、患者本人だけでなく、介護者や医療スタッフが、自宅(一人の患者の場合)と老人ホームや高齢者センター(複数の患者を対象とした専用サービス)の両方で行うことができます。送られてきた結果に基づいて、主治医は患者に連絡したり、家庭訪問を指示したり、救急隊を呼んだりします。

遠隔高齢者介護の利点

  • 患者
  • 医療施設

患者

  • 高齢者の生活の質(QoL)の向上
  • 医療関係者との簡単で迅速な連絡による安心感の向上
  • 生命や健康への脅威に対する対応時間の短縮
  • 治療期間に応じた効果の向上
  • 薬の服用や所定の測定方法のリマインダー通知
  • 自宅でバイタルサイン監視

医療施設

  • 継続的な健康評価と相関した治療モデルの個別開発
  • 予防・診断・治療の有効性の向上
  • 遠隔治療実施による外来受診回数の減少
  • 高齢者の医療費削減
  • 医療機関の評判やイメージの向上
  • 医学的推奨事項の遵守率の向上

遠隔高齢者介護を行うために必要な機器についてご紹介します。

 

 

該当ユーザ

  • 遠隔高齢者介護は、自宅や施設にいる高齢者の管理をサポートする革新的なソリューションです。遠隔ケアは、高齢者の状態を遠隔で監視し、患者と専門医チームとの間に迅速な遠隔診断・治療に関する連絡を確立することを可能にします。そのため、高齢者に対する個別のケア方法を開発する機会にもなります。遠隔高齢者介護の枠組みでサービスを提供することは、高齢者の介護・看護というテーマに総合的に取り組んでいる例です。
     
    Dr Iwona Kurowska、老年病専門医、家庭医療専門医

    Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

     

    医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

    ビデオ資料

      ダウンロード

        全ての資料を確認