健康都市とは?

健康都市は、連携するアプリやITシステムの集合体からなるサービス・ITプラットフォームです。健康都市では、医療スタッフ、患者、医療機関を管理する人のために、生まれてから生涯を通じて包括的な医療サービスを提供することを可能にする一連のツールが作られ、提供されています。

健康都市の概要

健康都市プロジェクトの大前提は、生まれてから生涯にわたって住民に包括的な医療サービスを提供し、都市内で利用可能な医療サービスを並行して形成することです。

 

健康都市構想の柱

  1. 強化された医療分析
  2. 都市や地域の匿名化されたデータは、分析・報告用のプラットフォームで処理されます。市当局は、これらの情報をもとに、健康政策の策定や実施状況の監督等、最適な判断を下すことができます。
  3. 医療の充実度
  4. 健康都市の居住者は、利用する医療機関にかかわらず、包括的な医療を受けることができます。
  5. 医療データへのアクセスが容易に
  6. 患者は、様々な医療機関で収集された自分のデータに快適にアクセスできます。本目的のために、患者がモバイル・アプリ等の最新のチャネルを使用しています。
  7. 患者へのホリスティックなアプローチ
  8. 医者が、いつもの患者だけでなく、初めて来られた患者の全医療記録にもアクセスできます。
  9. すべての社会集団をカバー
  10. 家族全員をカバーするプラットフォームです。お年寄りや学生等、常に監視が必要な社会集団には特別な配慮が必要です。
  11. 医療の脱局地化
  12. 遠隔ケアソリューションを利用することで、患者が病院や診療所での滞在を最小限に抑えることができます。自宅という最も療養に適した環境で健康状態が監視されています。

強化された医療分析

都市や地域の匿名化されたデータは、分析・報告用のプラットフォームで処理されます。市当局は、これらの情報をもとに、健康政策の策定や実施状況の監督等、最適な判断を下すことができます。

医療の充実度

健康都市の居住者は、利用する医療機関にかかわらず、包括的な医療を受けることができます。

医療データへのアクセスが容易に

患者は、様々な医療機関で収集された自分のデータに快適にアクセスできます。本目的のために、患者がモバイル・アプリ等の最新のチャネルを使用しています。

患者へのホリスティックなアプローチ

医者が、いつもの患者だけでなく、初めて来られた患者の全医療記録にもアクセスできます。

すべての社会集団をカバー

家族全員をカバーするプラットフォームです。お年寄りや学生等、常に監視が必要な社会集団には特別な配慮が必要です。

医療の脱局地化

遠隔ケアソリューションを利用することで、患者が病院や診療所での滞在を最小限に抑えることができます。自宅という最も療養に適した環境で健康状態が監視されています。

ICTプラットフォーム

健康都市は、Comarch e-Careと呼ばれた遠隔医療プラットフォームを運営しています。このソリューションは、資格を持った医療スタッフを集めることで、サービスを利用する患者を24時間365日体制で監視することができます。ICTプラットフォームは、医療データや製造されたデバイスを統合するもので、電子健康手帳と分析・報告プラットフォームも含まれています。

該当ユーザ

  • 健康都市の住民
  • 地方自治体
  • 医療施設

健康都市の住民

  • 安心感、支援、世話
  • 心地のいい遠隔医療サービス
  • 医療サービスの利用、予約、個人的な健康上の推奨事項の受信、医療上の推奨事項の実施状況の確認等を行う使いやすい遠隔クリニックのソフトウェア
  • 電子カルテによる医療データへの容易なアクセス

地方自治体

  • 匿名化された集団健康データを地域別に分析する機能
  • 革新的な遠隔医療・遠隔介護サービスを住民に提供
  • 住民用の中央医療記録の開始
  • 対象の医療機関のICTインフラ整備の拡張

医療施設

  • 予防と治療をサポートする最新ツールの適用
  • インターネットを利用した住民コミュニティによる医療サービスの提供範囲の拡大
  • 住民の電子医療記録へのアクセス
  • 患者の医療施設での滞在時間の短縮

ポーランドの全国の何箇所で実証実験の実施が予定

Comarchでは、地域での本格的なサービス開始の第一歩となるパイロットプロジェクトを実施してくれる積極的な地方自治体を募集しています。条件はご協力いただく都市の人口が8,000人以上でなければいけません。

 

 

資金源について

Comarchがポーランドの国立研究開発センターと締結した契約の一環として、開発作業が行われ、遠隔情報プラットフォーム「健康都市」の実証実験が行われています。Comarchのプロジェクトへの投資総額は20,963,504.00PLN(およそ635,258,000円)で、そのうち8,385,401.60PLN(およそ255,000,000円)が国立研究開発センター(NCBiR)の資金として賄われます。本プロジェクトは、欧州地域開発基金の共同出資による「Operational Programme Intelligent Development 2014 - 2020」のAction 1.1: R&D projects of enterprises(企業の研究開発プロジェクト)の下で実施されます。

   

  • Comarchとスバウキの州立病院との間で確立された協力関係により、健康都市の住民である患者に革新的な診断・治療方法を導入することが可能になりました。遠隔サービスを利用することは、何よりも、医者よりの推奨事項の管理と実施が容易になり、検査や診察の回数が減り、サービスの快適性、安心感、サポートやケアの向上に繋がりました。
     
     Adam Szałanda、Dr. Ludwik Rydygier 州立病院(スバウキ)院長
  • 遠隔ケアによって、ブジェクの市立社会福祉センターが提供するサービスを補完することができました。遠隔ケアを行うことで、医療従事者との連絡が可能となり、病気や気になる症状を相談することができ、健康面・精神面での安心感を得ることができます。また、このソリューションを導入することで、地域では必ずしも利用できない専門医へのアクセスが改善されます。例えば、老年医学の専門医や、より完全なECGホルター診断が可能になります。長期的には、このようなソリューションが高齢者や病人、孤独な人々のためのケアシステム全体の標準となるべきだと考えています。
     
    Sebastian Matuszewski、ブジェク市社会福祉センター長

    Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

     

    医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

    ビデオ資料

      ダウンロード

        全ての資料を確認