地域医療プラットフォームとは?

医療機関とその設立団体のために作られた統合ITシステムで、診断・治療プロセスの実施に関連する電子形式の医療データの保存、処理、共有等のサービスを利用できるようになっています。地域医療プラットフォームは、医療機関の活動の効率性と質の確保、患者のサービスへのアクセスに関するニーズの高まりに応えるものです。重要な点は、患者の健康状態を示す情報量の増加と、データの保存や医療施設間の移動の必要性です。地域医療プラットフォームは、デジタルカルテの収集・分析・共有のための電子プラットフォーム(P1)と医療機関をつなぐ役割を果たしています。医療サービスを向上させるためには、患者がどこにいても医療データにアクセスできるようにする必要があります。遠隔医療は、医療施設のデジタル化が非常に重要な事項になります。患者の状態に関する情報は、モバイルデバイスを介して、利用可能な通信サービスのインフラを利用して医療施設に送信され、その迅速な分析と遠隔医療支援を可能にします。これらのことから、特定の地域で互いに協力して活動している医療機関の間で、電子形式でデータを収集・共有するための普遍的な統合ソリューションを導入する必要があります。本システムは、医療施設の作成主体であり、下位施設の健康政策の作成を担当する自治体を対象としています。この制度の目的は、患者と医師、そして公的機関の管理職の両方に対して、医療サービスへのアクセスを支援・確保することにあります。

e-ヘルスに対するサービス

医療機関における電子サービスの分野で変化するニーズの期待に応えるために、Comarch Healthcareは革新的なソリューションを提供します。このソリューションの主な目的は、高いセキュリティ基準を維持しながら、法的規制に基づいて医療文書を生成、保存、医療施設間で転送できるようにすることです。Comarch e-Health地域医療プラットフォームのモデルは、電子カルテの地域およびローカルリポジトリに基づいているため、ソリューションのアーキテクチャでは、システムを地域層とローカル層に分離されます。両層はデータ交換インターフェースによって接続され、電子医療情報を交換するための首尾一貫した統合システムを構成しています。


 

地域層においてのサービス

ローカル層で利用できるサービス

医療機関アナリティクス

保健用のビッグデータ

地域医療プラットフォームの主要な要素の一つは、ビッグデータを含むデータ分析サービスの利用を可能にする「ビジネスインテリジェンスシステム」です。医療分野では、患者が利用する医療サービスの向上につながるプロセスにビッグデータを活用することができます。データセットを通して、意思決定支援システムが作成されます。このシステムには、ウェブ・インターフェースをベースにした数多くのレポート・分析ツールが含まれています(プラットフォームへのアクセスはウェブ・ブラウザが使用されます)。このプラットフォームが提供する機能を活用することで、ビジネス上の意思決定の質を高め、より効果的なビジネスプロセスを実現することができます。具体的には、レポートの作成と構築、データのグラフィカルな表示(表、グラフ)、ローカルのビジネスインテリジェンスシステムから集約されたデータに基づく分析が可能です。現在のデータと過去のデータ、そしてトレンドを視覚化することが可能です。

 
 

システムで作成されるレポートの例。

  • 一定期間に発注されたテストの分析(部門別、発注者別、テストの種類別
  • 医師の負担を分析するために行われた相談内容の照合
  • 診療科ごと、患者ごと等、検査の種類や数に関するデータの集計
  • 部門ごとに実施された相談の費用報告
  • 薬剤や材料の費用・消費量に関する報告
  • 個々の患者グループおよび個々の処置の費用強度を示す報告
  • 実施したサービスの費用報告
  • 原価計算に基づく個別医療機関の収益性の判断
  • 評価された治療による患者の治療費の明細
  • サービスの価格(国民健康保険料率等)や、基本センターおよび補助センターでの医療行為(心電図等)の実施にかかる標準的な費用のシミュレーション
  • 報告書や比較表の作成、財務諸表(損益計算書、貸借対照表)の月ごと、累計、年ごと、個別月ごとの作成

企業統治

報告モジュールにより、管理対象の戦略的目標の実施を継続的に管理することができます。特に、同様のプロファイルを持つ他の医療施設(病院の病棟、外注サービス、薬剤や材料の管理等)と比較して、その進捗状況を観察することができます。このような比較分析は、医療施設を管理する上での重要な成功要因の特定や、優良事例の特定につながります。このシステムは、完全に信頼できる管理情報を提供することで、「Learning from better」と「Evidence Based Management」をサポートします。レポートから生成される指標の情報価値は、ウェアハウス内のデータ数が多いほど高くなります。そのため、システムパートナーの数が多ければ多いほど、地域の医療管理者に信頼性の高い情報を提供することができます。

 

企業統治の指標の例。

  • 営業活動による利益
  • 純利益
  • 期間中の病床占有率
  • 支店の利益率
  • 1病床あたりの医師の報酬
  • 生産性
  • 1人日あたりの医師の労働時間数
  • 苦情件数
  • 入院1回あたりの診療科の収入
  • 外科医1人あたりの手術件数
  • 病棟の総費用に対する医療スタッフの人件費

e-ヘルスの将来性

Comarch e-Health地域医療プラットフォーム導入の利点

利用可能で継続的に開発されている技術は、医療プロセスの管理を合理化し、品質を向上させることができます。これは、医療機関の効率性とタイムリーな患者サービスに直接影響します。e-ヘルスソリューションは、パーソナライズされた、患者を中心とした医療機関のアプローチを提供します。このソリューションを導入することで、効率と生産性が向上し、エラーの数や入院期間の短縮につながります。
  • 医療機関の利点
  • 患者の利点
  • 医療スタッフや医療機関の利点

医療機関の利点

  • 医療の質と患者の安全性の向上
  • 医療機関の継続性の確保
  • 遠隔医療サービスの導入を通じて医療へのアクセス改善
  • 医療機関システム管理の改善
  • 中央医療システムや地域のe-ヘルスソリューションとの連携
  • 医療費支出の最適化

患者の利点

  • 医療機関へのアクセスの改善
  • 医療の質と安全性の向上
  • 健康情報へのアクセス向上(ご自分の医療データ、医療機関、医師、医療行為に関する情報等)
  • 医療サービスの待ち時間の短縮、インターネットによる相談、遠隔地での診療の可能性
  • 患者の記録を後続の専門家に引き継ぐことで、同じ検査を何度も繰り返す必要がなくなります

医療スタッフや医療機関の利点

  • 医療従事者と医療機関の間の医療データ転送のスピードと安全性の向上
  • 最新の医学研究成果へのアクセスの向上
  • 提供される医療サービスの質の向上
  • 医療機関の業務組織と管理の改善

Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

 

医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

ビデオ資料

    ダウンロード

      全ての資料を確認