遠隔医療センター

患者は、Comarchグループに所属する、100人以上の専門医を擁するiMed24メディカルセンターの遠隔医療センターによって監視されています。これは、Comarch e-Careプラットフォームのサポートにより、専門的なケアを提供する優れた環境となっています。

他社との違いは?

  • ブラウザ(Webベース)を使用して、どこからでもアプリケーションや患者のパラメータ測定の履歴にアクセス可能
  • 救急隊員用のインターフェース
  • 患者の位置を地図上で可視化
  • 患者の日常生活をサポートし、推奨事項やアンケートに基づいてスケジュールを実施
  • 遠隔医療機器の連携
  • 電子カルテ(HIS)や電子健康記録(EHR)システムとの連携
  • データ解析のための学習アルゴリズムの実装

  

 

  • データの図形表示
  • 緊急通報や個別に設定された閾値を超える測定値があった場合にアラート生成
  • iMed24の医療施設に設置された24時間運用のセンター
  • 有資格の医療スタッフ(救急隊員、専門医)のみによる患者の健康状態の監視
  • 患者のデバイスから送信される医療データを継続的に収集・分析する24時間365日のケアを実現
  • 対応中の医療プロセスの確実な実施
  • 救急隊員や特定の専門分野の医師との電話やビデオによるコンサルテーション

救急隊員:第一の救援ライン

救急隊員は、健康や生命が突然脅かされている人への対応の大部分を行い、医療救助プロセスを実施しています。知識、能力、経験のおかげで、緊急な状況でも素早く重要な決定を下すことができるのです。日常の仕事では、感情的になっている人とのコミュニケーションにそのスキルを活かしています。医療情報を入手し、救急隊員が到着するまでの間、どのように行動すべきかを指示することができます。

Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

 

医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

ビデオ資料

    ダウンロード

      全ての資料を確認