Comarch遠隔医療クラウド

Comarch遠隔医療クラウドは、患者の遠隔監視を可能にするオープンなクラウドプラットフォームです。システム、アプリ、計測機器からの情報は、Comarch e-Careプラットフォームに送信され、そこで分析され、医療従事者が利用できるようになります。その結果、診断・治療・予防のプロセスが最適化・連携され、サービスの一部が医療機関の外に移転されます。Comarch遠隔医療クラウドは、既存の要素を変更したり、新しいデバイス、手順、スキームを追加することができる、柔軟で拡張可能なソリューションです。

遠隔医療クラウドの適用分野

医療機関向けソリューションのエコシステム

Comarch Healthcareは、電子医療記録(EHR)クラウド、遠隔医療クラウド、病院クラウド、医療AIクラウドで構成される医療機関向けのソリューションの広範なエコシステムを提供しています。これらのプラットフォームを統合することで、連携した医療を提供し、患者、介護者、医療スタッフをサポートします。

Comarch e-Careプラットフォーム

遠隔医療クラウドの基盤となるのは、患者の医療データを受け取り、処理するComarch e-Careプラットフォームです。その分析には、大量の情報の中でも異常を即座に示すAI(人工知能)が使われています。また、Comarch e-Careプラットフォームは、オンラインでの診察や検査結果の遠隔説明を可能にし、質の高い医療サービスへのアクセスを大幅に向上させます。

 

詳細

Comarch遠隔医療クラウドの利点

Comarch Healthcareの担当者へお問い合わせ

 

医療分野の製品やサービスに関心があれば連絡先がこちら。

ビデオ資料

    ダウンロード

      全ての資料を確認